腰痛 - 箕面市整体「みゅう整骨院」

HOME > 腰痛

箕面市 腰痛と頭痛

頭痛が起きる原因はたくさんあります。その中で、脳に血液や栄養がうまく回らなくて起きる内因性のものと、頭の縫合(頭は20個以上の骨がうまくかみ合って球型になっています。)が柔軟性を失い、正常に動けない状態で起きる外因性のものがあります。

痛み方にもたくさんあり、その人の感じ方にもよりますが、ズキズキ、ガンガン、ギュウギュウ、などがあります。
どの場合も「硬さ」が原因です。腰痛も硬さが原因です。

身体が硬いというのは良い状態とは言えません。この場合の硬いとは、身体が疲労していてバランスを保つために筋肉を緊張させた状態の事を言います。
この状態だと栄養や血液がスムーズに流れないため、いくら休んでもなかなか身体は休まないんです。だから余計に硬くならないと生活していけなくなります。

頭も同じで、硬くなると栄養が回ってこなくなるので酸素不足になります。水の中で息が出来なかったら苦しいですよね?

それと同じで頭も苦しいというサインを痛みで表現しているんです。内因性も外因性も結局は腰痛のように硬くなっている原因を治さなければ回復出来る状態にはなりません。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と正しい姿勢

腰痛と正しい姿勢に関して

※正しい姿勢をすることで注意すること!
意識しすぎて「極端な形にならないこと」

基本は、「頭の真中から、体が糸で吊られている感覚」
「同じ姿勢を長時間とらない」

椅子の座るときの良い姿勢:座る場合は、お尻が背もたれに密着するよう、深く腰掛ける。軽くアゴを引き、背筋をのばして、お腹をひっこめる。ひざがお尻より、ほんのわずかに 高く、足の裏がぴったりつくのが理想です。

イスが高すぎる場合は、足を台にのせるか、ひざを組んで膝の位置を調節します。

現代社会でパソコンが普及し、日常生活においてパソコンが切っても切り離せない存在になってきています。この一連のパソコン作業を正しい座り方で行える人はどれほどいるでしょうか。

おそらくほとんどいないでしょう。

整体で身体のバランスが整うと自然に正しい座り方になってしまいます。正しい座り方になると、今までパソコンを使用すると肩が凝ったり、目が疲れたりしていた人が肩がこらなくなったり、目の疲れが起こりにくくなったりします。

これは正しい座り方が自然にできる人は血液の循環が良い人だからです。
逆に言うと血液の循環が悪くなっている人は正しい座り方は出来ないという事です。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と姿勢改善

腰痛と姿勢改善の必要性

どんなに意識をして正しい姿勢を維持しようとしても、逆に無理に体を緊張させているため長い時間は続かないし、ストレスにもなってしまう。大事なことは良い姿勢が出来るくらいの健康な状態でいることで、その状態でなければ何をがんばっても上手くはいかないものだ。しっかり治療をうけて、なおかつ正しい姿勢を意識することが大事になります。

子供など親から姿勢を正しなさいと叱られる光景を良く見ますが、私たちから言わせれば良い姿勢でいることは無理なのです。

みゅう整骨院にはたくさんの子供の患者さんが来院されますが、どこも症状を持っていなくても、しっかりとした姿勢でいられる子供はいません。

子供でもそれほどゆがんでいるのです。

ましてや、大人で正しい姿勢でいられる人は皆無でしょう。
ヨガやダンスをしている人は一見正しい姿勢のように見えますが、中身が伴わず、肩こりや、腰痛などの症状が出ているようです。ヨガやピラティスで健康になるためには相当な熟練が必要なようです。実際、ヨガをして腰を痛めたなどで来院される方がとても多いです。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と悪い姿勢

悪い姿勢のデメリット

いくら治療をほどこしても、姿勢が悪いと、またすぐに腰が痛くなってきてしまう。
姿勢と背骨・骨格には密接な関係がある。悪い姿勢、良くない姿勢を長い時間続けていると、背骨・骨格に負担がかかり、その結果、背骨・骨格のズレやゆがみが生じます。背骨・骨格のズレやゆがみは体に様々な悪影響を及ぼします。

例えば悪い姿勢と背骨・骨格のゆがみは神経を圧迫したり、内蔵の働きを鈍らせたりします。また基礎代謝が低下して脂肪を貯め安く太りやすい体質になったり、むくみやすくなることもあります。

肩コリ、腰痛、背中の痛みをはじめ、体に様々な不調を覚える場合、姿勢と背骨・骨格のゆがみやズレが原因であることが多くなります。

悪い姿勢のデメリット①
悪い姿勢を続けていた場合、肩や首、腰などの筋肉のバランスが崩れ、それらの筋肉に必要以上に負担をかけることになり、その結果肩や首がこる、腰が痛むなど様々な不快症状に悩まされることになります。

悪い姿勢のデメリット②
猫背などの悪い姿勢の場合、体が丸まっているために、呼吸が浅くなり、肺に十分な酸素をとりこめなくなり、その結果、息切りがしやすくなったり、各内臓器官に様々な悪影響を及ぼす恐れがあります。

悪姿勢デメリット③
背中が曲がっていたり、お腹が出っ張っていたりなどの悪い姿勢は見た目にもあまり格好が良いものではなく、ともする人に対して悪い印象をあたえてしまいがちで、特に女性の場合は悪い姿勢を続けていると胸が垂れ下がったりヒップがたるんでしまったりとプロポーションも悪くなり、老けた印象を与えてしまいます。

悪い姿勢のデメリット④
悪い姿勢を続けていると体の血行もわるくなり、その結果、内蔵の働きが鈍ったり新陳代謝が悪くなったりして、脂肪がつきやすい体質になることもあります。

このよなデメリットがあります。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と良い姿勢

良い姿勢のメリット

椎間板ヘルニアを含む多くの腰痛の治療や予防対策、再発防止の第一歩は、「正しい姿勢」にあり、未然に防げる可能性が高くなります。

メリット1
悪い姿勢を続けていると、首や肩、腰などにある筋肉のバランスが崩れ、必要以上に負担がかかってしまい筋肉が疲労し、コリや痛みを引き起こす。姿勢矯正を行うと、筋肉のバランスを正常に保てるようになるので、肩コリ、首のコリ、腰痛、手足のしびれなどの、悪い姿勢が引き起こす様々な症状を改善することが出来ます。

メリット2
姿勢矯正によってバストアップしてヒップが引き締まり、見た目のプロポーションが良くなり、好感度もアップする。その結果自信もつき、物事を前向きにとらえられるようになり、物事が好転するというメリットも期待できます。

メリット3
姿勢矯正により肥満予防や肥満防止などのダイエット効果も期待できる。これは姿勢矯正することにより、血流がよくなった結果、体質が改善されたため、痩やすくなったり、太りにくくなるのが理由として考えられます。

メリット4
姿勢矯正を行うと、自然に楽な状態で声を出すことができ、声の出もよくなる。正しい姿勢の状態だと、体のバランスが保たれ、呼吸も楽にできるし、首や肩、腰にも負担がかからない。その結果、肩や首のコリ、腰痛が緩和されたり改善されます。

これは基礎代謝を上げるためにも有効だと思われる。ちなみに基礎代謝というのは人間が横になっていて、なにもしなくても呼吸をしたり体温を保ったりするのに必要なエネルギーのこと。人が一日に消費するエネルギーのうち約7割を占めているが、16~18歳をピークに年齢とともにだんだん減っていく。また、姿勢の良し悪しは「便秘」「冷え性」などにも影響を与えると言われています。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と悪い姿勢

悪い姿勢と腰痛の関連性

「立った状態で姿勢が悪いと腰痛になる。」その理由は・・・
たとえば猫背のように、背中が丸まった姿勢の悪い状態で立っていた場合、体の重心が後ろの方にずれてバランスを崩したりしている。体がバランスを保とうとした結果、腰椎が前にせり出るような格好になる
。これは腰椎にとって非常に無理な状態で、腰の筋肉にかなりの負担がかかる。その結果腰の筋肉が疲れてしまい、腰痛を引き起こしてしまう。
次に「座った状態で姿勢が悪いと腰痛になる」その理由は・・・・

猫背のように背中を丸めた悪い姿勢で座っていると、とても楽に感じるが、実は立っている時よりさらに腰にかかる負担は大きくなっている。
特に腹筋が弱っている場合は腰への負担はさらにおおきくなり、腰痛を引き起こしやすい。デスクワークなど、長時間椅子に座った状態が続く場合は、「姿勢が悪いと腰痛になりやすい」ということを絶えず頭に入れて、正しい姿勢を心がけると良い。

背骨がゆがんでいる状態は太りやすい体質となっている可能性が高く、ダイエットについての悪影響もあります。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と整体

腰痛に対する整体の必要性とは?

整体が腰痛に対して出来る事は、腰痛の不安や日常の制限を整体は解放することができます。

イメージしてください。

朝がすっきり起きられる、気持ちよく出かけていって、仕事では集中できて効率も今まで以上にアップします。休日には新しいものにチャレンジできますし、家事などもスムーズになるので時間が有効に使えます。腰痛があるかないかで日常生活はこれほどまで変わってきます。

みゅう整骨院では患者さんと一緒に自分の体のバランスを見ていき、今の自分の状態を確認していただきます。「え、こんなに体って硬かったの?」「毎日ストレッチしてるから大丈夫だと思ったんだけどなぁ。」「腰が痛いんだけど肩も悪かったんですねぇ。」と新たな自分の体に対しての発見をしていただけます。その検査の後に治療をしてどのような変化が出たのかを感じていただきます。

しかし、治療が非常にソフトであるため「え、こんなんで治るわけないじゃないか。」と思いになる方がほとんどで、そんな方ほど同じ検査をしたときに驚いていただけます。体は毎日使うのもですので、疲れが溜まっていることにもなかなか自分では気付けないのがほとんどです。

しかし、いつも乗っている車を車検に出し、帰ってきたのを乗ってみると性能がだいぶ上がっていた、と同じように体もメンテナンスをして健康になって初めて「体ってこんなに軽かったんだ?」とか「こんなに動くものなんだ」というように感じていただけます。

ぜひ痛みや不安のない生活を送り下さい。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と便秘

便秘とは経験された方も多いと思いますが、定期的に老廃物を排泄できなくなった状態のことを指します。
物を食べれば、口で細かくなって喉を通り、胃で消化して、腸で吸収し、蠕動運動によって肛門へと運ばれ排泄されます。この流れの中で働きが低下する部分があると便秘、もしくは下痢になります。

別段、内臓に疾患があることが問題ではなく、働きたくても働けない状態で起る症状なのです。これも腰痛と関連していきます。便秘や下痢の時にお腹を触ってみてください。普段より硬くなっていませんか?
内臓が外側から袋で硬く締め付けられた状態で仕事をしようとしてるんです。お腹が固まった状態では骨盤の動きも出せないで固まったままになります。これが腰痛の原因にもなります。
これでは着物を着ながらスポーツをやるようなものです。もちろん動きようがないんですね。だからまずは着物を脱いで動きやすい環境を作っていかなければなりません。

それが腰痛を治すことにもつながります。お腹が硬くなっている原因を治すことで内臓本来の働きが出てきますので便秘も解消でき、骨盤も動きだしてくるので腰痛も改善されてきます。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と身体の回復

箕面市 豊中市 腰痛と身体の回復に関して

体が回復するとき
人間の体は自分の体を治そうとする命令は休息時、つまり副交感神経が優位になった時に高まります。

普段生活している時には戦闘態勢の交感神経が優位になっています。そして、リラックスしたムードの時や寝るときには休息態勢の副交感神経が優位になります。

この副交感神経が優位の時にしっかりと体を回復させたいところですが、それには睡眠時間と睡眠の質が大事になってきます。

箕面市 腰痛のない身体

箕面市 豊中市 腰痛のない身体に関して

健康な身体とは、上記のようにゆがめない状態ではなく、ゆがめるくらい柔軟性のある状態のことをいいます。
ゆがめるということは、身体にかかる圧力を分散できるということです。
なので一ヶ所に圧力が分散することが少ないので、構造が慢性的に悪くなることはあまりありません。またぎっくり腰や捻挫をしたとしても筋肉や靭帯が柔軟性を保っているので怪我としての組織へのダメージは最小限になります。

また余計な緊張がないので酸素や栄養の循環がスムーズになり、朝にはしっかりと疲れが取れるようになります。

箕面市 腰痛がある身体

箕面市 豊中市 腰痛がある身体に関して

腰痛にかぎらずともそのような症状は骨盤と背骨がゆがんでいることが原因で出ています。
しかし人間の背骨や骨盤はゆがむようにできているんです。だからゆがむことは悪いことではないんです。

問題なのは、もうゆがめないってところまで硬くなってしまう状態です。この状態だとゆがみたくてもゆがめないので圧力が分散できなくなって、身体にとって負荷がかかってしまうということなんですね。
その負荷が積み重なっていった結果が痛みという症状なんです。そういったバランスを崩した圧力は重心の支点になる腰椎5番にかかりやすいので悪化してくるとヘルニアや変形性腰椎症などに発展していきます。

また、ゆがんで硬い状態というのは筋肉や靭帯なども硬く緊張している状態なのでぎっくり腰や捻挫などをしたときに受ける損傷はかなり大きなものになってきます。

またそういった硬さがあると酸素や栄養の循環が低下してしまうので疲れが取れずらくて、朝起きたときに疲れが残っていることが多くなります。

箕面市 腰痛症状

箕面市 腰痛症状に関して

幅広い層におこる腰痛。その症状も実にさまざまです。
主なものを挙げますと・・・。

・朝一番腰が伸びない。腰が張ってくる
・立ったり坐ったりがきつい
・動かすと腰が痛い
・じっと座っていると腰が張ってくる
・立っていると腰が重くなる、また腰が痛くなってくる。
・臀部から足にかけて痛みやしびれがある
・動かすと腰が痛い
・常時痛みがあり、特に歩き始めがつらい
・寝ていてもズキン・ズキンといやな痛みがある(夜間痛)
・腰が抜けるような痛み
・腰から上半身にかけて症状がある。
・朝、腰に鈍痛がある
・重いものを持ったとき腰にくる
・立ったり坐ったりがきつい。
・夜間や車を運転している時に足がつる

などです。

箕面市 腰痛と自然治癒力

箕面市牧落 腰痛と自然治癒力に関して

自然治癒力とは人間が持っている自分の能力を最大限に発揮するための力だと思ってください。

風邪をひいたら休息を取ることでラクになりますよね?これは勝手にウィルスが死んでいくのではなくて自然治癒力がウィルスを倒すから体が回復してくるのです。
また、切り傷や擦り傷なども同じように、自然治癒力が働いているために治っていきます。

しかしこの自然治癒力の働きは背骨や骨盤がゆがんだ状態では非常に働きにくい環境にあります。

そのために修復しなければならない疲労が蓄積してしまい、症状へと繋がっていくのです。

箕面市 腰痛の施術

箕面市牧落 腰痛の施術

腰痛治療は背骨の歪み、神経の興奮、脊柱起立筋などの腰の周りの筋肉を詳しく問診・検査によって探し出し、背骨の調整、筋肉の緊張の緩和、姿勢の改善などを行なうことで、負担を取り除いていきます。

主な検査としては、神経の働きを調べるための感覚や運動の検査、神経の圧迫・損傷部位を調べるための神経や関節・筋肉の負荷テスト、身体の全体的なバランスを見るための姿勢検査、そして、筋肉の緊張や関節の動きを見るための触診などがあります。これらを行なうことで、原因や損傷の程度、治療部位などを見極めていきます。

腰痛で整形外科に行くと、シップや牽引療法を行います。ひどい場合には神経ブロック注射をしますが、たいていの場合治らず1年以上通院するケースもまれではありません。

それでも治ればよいのですが、一進一退を繰り返しているようで、当院の患者さんでは、慢性化してからの人も多く、疲れ切って藁をも掴みたい思いで来院されているようです。このような方は鍼やマッサージ等も効かなく、ひどい人は痛み止めも効かないほどになっています。

また、ボキボキ整体などで乱暴な腰痛治療を受け、腰痛が悪化しているケースも増えてきました。時間がかかってもきちんと治してぶり返さないようにすることが肝心です。(当院ではボキボキ音がするような腰痛治療は行っていません。)

では、具体的に腰痛治療 を紹介します。

整形外科の腰痛治療は、腰痛の原因を診断後、軽症の腰痛には物理療法(牽引・温熱・電気・マイクロ・ホットパック・ SSP )など、痛みのやや強い腰の腰痛治療 には、神経ブロック注射なども、夜も眠れない・激しい痛みで日常生活を送れないそんな激痛の伴う場合の 腰痛治療 には、原因疾患(椎間板ヘルニア・腰痛分離・すべり症)の手術が行われることも あります。

一般的な整骨院、接骨院での、 腰痛治療 は整形外科で行われる 腰痛の治療 の物理療法とほぼ同じケースが多いようです。

はり・灸・整体・マッサージなどでは、これが腰痛治療 というものはありませんが、多くの場合腰痛では、腰を含め全身の調整を行う事を 腰痛の治療 を行う治療院を選ぶといいでしょう。

箕面市 腰痛と腫瘍

箕面市牧落 腰痛と腫瘍に関して

脊椎や椎間板、腰椎に腫瘍ができて腰痛が起こる場合もある。 腫瘍は他の部分から転移してできるケースや、脊椎自体にできるケースもあり、子供にもできたケースも多数ある。

腫瘍が悪性だとは限らないが、悪性の場合は骨が破壊され、背中や腰に激痛が起こる。腫瘍が大きくなると、神経までも破壊するので、下肢にまで激痛が起こるようになる。 腰痛にはこのような恐い病気が潜んでいる恐れがある。腫瘍は、発見が早ければ早いほど、完治しやすく、骨を破壊されない内に腫瘍を摘出することもできる。

子供の腫瘍は大人よりも大きくなりやすいので、特に注意が必要です。

腫瘍による腰痛の簡単な見分け方としては「どんな姿勢でも痛む」というのが特徴になります。

関節損傷や筋肉の損傷の場合、必ず、楽な姿勢があります。楽な姿勢がなく寝ていても痛みの休まる位置がない場合腫瘍が原因と疑うことが多いです。

こういった場合、みゅう整骨院では施術する前に一度病院での検査をお勧めいたします。

箕面市 腰痛と内臓

箕面市牧落 腰痛と内臓に関して

腰痛は外傷や脊椎の病気で起こるだけでなく、様々な内臓の疾患から起こる場合もある。

腰痛を伴う主な内臓の疾患には、泌尿器疾患の尿路結石、尿管閉塞、腎臓結石、腎盂炎などは起りやすく結石は激痛を引き起こす。
消化器疾患の胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆のう炎、すい臓炎、胆石。呼吸 器疾患の上気道感染などが挙げられる。

また、便秘が原因のこともある。このような疾患は、腰痛も起こるが、その他にも腹痛や吐き気、血尿など、その疾患特有の症状が起こる。 このような疾患が原因で腰痛が起きている場合、腰痛を治すよりも先に疾患を治すことが先決。疾患が
治れば、腰痛も自然と治まってくるので、専門の医師の治療を受けることが大事。中には、前立腺ガンや腎腫瘍、肝炎など重大な疾患を患っていて腰痛が起こっている可能性もある。くれぐれも腰痛を自己判断して、疾患を重くすることのないように気を付けるべきです。

みゅう整骨院では整形外科テストなどの検査により整体の範疇にない疾患のものに関して病院の受診をお勧めしております。

箕面市 腰痛とストレス

箕面市牧落 腰痛とストレスに関して

腰痛症にはストレスが原因の場合がある。
痛みはあるのにレントゲン撮影などでは、症状が見えない腰痛。これは主にストレスが原因で、現実から逃避したいという欲求が腰痛となってあらわれてくることがある。

現代では多くの人がストレスを抱えている。
このストレスは精神的なものですが、体に様々な影響を及ぼす。腰痛も実はその1つで、骨や筋肉に異常がないのにも関わらず腰痛が起こり、なかなか治らない人はこのストレスが原因の腰痛が起こっている可能性がある。

ストレスが原因で起こっている腰痛は骨や筋肉に異常がないので骨や筋肉をどんな治療をしても良くならない。そのストレスが解消されると、嘘のように腰痛が無くなる。知らず知らずにストレスを溜め込んでしまい、いつのまにか腰痛が起こっていたという人も多いかと思うが、病院で何も異常がないと言われた人は、このストレスから起こる腰痛を疑い、精神的な悩みを解決し、ストレスを解消できるようにする。

箕面市 女性の腰痛

箕面市牧落 女性の腰痛に関して

女性特有の腰痛は婦人科疾患に関係するもの、ななめ座りなどによる悪い姿勢によるものが多いです。

甘いモノ好きの女性はお腹が冷えやすく、甘いものは血糖値を上げるため膵臓の疲労を誘発し、その結果消化器の問題からの腰痛なども特徴的です。

腰痛のある女性は生理痛なども合併しやすく、整体により腰痛が改善することで生理痛もなくなる方がとても多いです。

みゅう整骨院にご来院される女性の患者さんも初めは腰痛治療に来ていたのですが、後々、「最近、生理痛が無くなったんです。」と教えてくれる方が大勢います。

箕面市 腰痛の種類

腰痛は、約1000万人の方が悩まされている日本でも最もポピュラーな疾患です。

最近では若い方からお年寄りの方まで幅広くみられるようになりました。
一口に腰痛と言っても、さまざまで、
「安静時には痛まない」、「動いている時は痛まない」、
「いつもズキズキ痛む」などがあります。なぜ腰痛がおこるのか?

腰痛を起こす原因として一番多いのは姿勢の悪さや長時間同じ姿勢をしていることからくる筋肉や背骨の歪みです。また内臓の問題や精神的ストレスによるものもあります。

ここでは、姿勢の問題からくる筋肉や背骨の問題を主にあげていきたいと思います。

腰を主に支えているは背骨です。

背骨の働きが悪くなると腰のバランスが崩れます。
そうすると、腰の周りの筋肉や神経などの組織に部分的なストレスがかかるようになります。これが腰痛の原因に発展していきます。

腰の骨は5個の椎骨と椎間板により形成され、上下に積木のように並んでいます。上下の椎骨がつながる部分を椎間関節といい、この関節の前から脊髄より枝分かれした神経が出ています。

筋肉や背骨の問題からくる腰痛の原因

椎骨と椎骨の間にある椎間板や椎間関節が接触して神経の興奮をおこす。
仙骨と腸骨との間にある仙腸関節の可動性の異常からくる痛み
腰の周辺の筋肉が疲労や損傷した為におこる痛み
痛みを発生する組織としては筋肉、筋膜、腱、靭帯などがあります。

これらの組織には痛みを感受する神経がはりめぐられていて、組織の異常を感受した神経は興奮し痛みが発生します。また神経の根元に障害をおこし直接痛みを発生していることもあります。

いずれにしても、興奮した神経や軟部組織の異常を改善しなければ痛みはおさまりません。

腰痛の治療とは、軟部組織の異常を改善し、神経の異常興奮を鎮静させることなのです。
その為に種々の検査を行い腰痛の種類と原因を鑑別して症状にあった治療を行います。

箕面市 腰痛と日常生活

腰痛がどれだけ日常生活に支障をきたすか?

腰痛は日々の生活において多くの制限をかけます。
朝布団から出るのが大変だ、顔を洗うのが辛い、立ったまま靴下が履けない・・・など腰痛の一般的な症状ですが、一日の始まりから症状につきまとわれます。
ここからそれぞれ自分の仕事に向うのですが、電車で長い間立っていられない、同じ姿勢で座っていられない、中腰での作業は苦痛だ、洗濯物を干すのが大変・・・など、仕事の効率を下げてしまいます。
もっと自分は実力があるのに、もっと集中できれば早く終わるのに、と思ったことはありませんか?理想の自分がイメージできていればいるほど腰痛という障害の大きさがわかります。
それだけではありません、休日でも腰痛はおかまいなしです。一週間分の腰への負担をとろうと一日横になって休日を過ごしてしまう、新しいスポーツを始めたいがまた痛みださないかという不安がある、今まで気にならなかったけど腰のせいかゴルフのスコアが落ちてきた、など気分をリフレッシュすることの妨げになってしまいます。

そして腰痛のない日常を思い浮かべて下さい。これらとは逆の事が起きてくるのです。


《 前 1  2 



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「みゅう整骨院」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 072-722-7026
 【 営業時間 】 平日 10:00-14:00 16:00-20:00
土曜 10:00-18:00
 【 電話受付 】 平日 9:00-20:00
土曜 9:00-18:00
 【 定休日 】 日曜・祝日・第3火曜

PageTop




みゅう整骨院

住所 : 〒562-0004
大阪府箕面市牧落1-19-19

【電話番号】
072-722-7026

【営業時間】
平日 10:00-14:00
16:00-20:00
土曜 10:00-18:00

【電話受付】
平日 9:00-20:00
土曜 9:00-18:00

【定休日】
日曜・祝日・第3火曜



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。