- 箕面市整体「みゅう整骨院」

HOME > 腰痛 >

ぎっくり腰を冷やす
ぎっくり腰は冷やすことで症状が緩和されます。
なぜならば、ぎっくり腰は腰椎が捻挫した状態なので患部では炎症が起っています。
この炎症を抑えるために冷やすことで症状の悪化を抑えることが出来ます。
冷やす際にはアイシングなどで使う氷嚢を使うと便利です。もしくはビニール袋で代用して中に氷と水を入れて患部に当てておきましょう。
ただし、患部を冷やし過ぎると症状が悪化することがあるので20分以上は冷やさないように注意しましょう。
冷やして炎症が治まると痛みもだいぶ和らいでくるのですが、患部を温めてしまうお風呂などはまだ入らないようにしてくださいね。
アイシングは自分が楽な姿勢でおこなうのが一番です。無理な姿勢だと症状の悪化に繋がってしまいます。アイシングをおこなうときは冬の時期はつらいので部屋を温めたり、タオルの上から氷嚢を置いて冷やすと良いでしょう。
ぎっくり腰の痛みについて
ぎっくり腰はとても辛いものです。なってしまう時はホントに突然なってしまい動けなくなるくらいの痛みも起ってきます。
どんな痛みかというのは人によって様々ですが、軽いものであればただの腰痛ですむ場合もあります。
しかし重度の場合だと、動くたびに腰に激痛が走って動けない状態になったり、寝ることができなかったり、一度横向きに寝ると起き上がれなくなったり、前に屈むことも後ろに反ることも出来なかったり・・・など具体例をあげるときりがありません。
それぐらい人間にとって腰とは非常に重要な部位なのです。よく痛めてしまったら冷やした方がいいのか温めた方がいいのかと聞かれますが、基本的には冷やす方が良いです。
なぜならば、ぎっくり腰は腰の捻挫だからです。
足首を捻挫した時には皆さんはどうしていますか?水で冷やして靭帯や筋肉が回復するまでテーピングや包帯で固定しておきますよね?腰の捻挫の場合も処置は同じです。
冷やすことで患部の炎症を抑え、傷ついて弱っている筋肉や靭帯を補強する。炎症が治まることで痛みも改善してきますが、この後の処置が最も重要です。
再発しないようにゆがみを調整することです。腰がゆがんだままになっていれば捻挫しやすい環境というのは変わっていません。この調整が今後の体の状態に影響してきます。


ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「みゅう整骨院」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 072-722-7026
 【 営業時間 】 平日 10:00-14:00 16:00-20:00
土曜 10:00-18:00
 【 電話受付 】 平日 9:00-20:00
土曜 9:00-18:00
 【 定休日 】 日曜・祝日・第3火曜

PageTop




みゅう整骨院

住所 : 〒562-0004
大阪府箕面市牧落1-19-19

【電話番号】
072-722-7026

【営業時間】
平日 10:00-14:00
16:00-20:00
土曜 10:00-18:00

【電話受付】
平日 9:00-20:00
土曜 9:00-18:00

【定休日】
日曜・祝日・第3火曜



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。