腰痛 - 箕面市整体「みゅう整骨院」

HOME > 腰痛

箕面市 お子様連れOKな整体院

みゅう整骨院は子育て中のお母さんが、お子様と一緒にお越しいただけるように
昼寝用マットや、おもちゃをご用意しています。

本日もお母さんと一緒に来てくれました~
IMG_4671.jpg
IMG_9207.jpg
つかまり立ちが出来るようになってきたそうで、元気いっぱいにアンパンマンのおもちゃで遊んでましたよ。

また、一生に来てくださいね。

人の骨格の要は骨盤と脊椎。これが脳と中枢神経を支え、脊椎の中を脳脊髄液が流れています。この脳脊髄液がスムーズに流れることが、人が本来持っている自然治癒力が働くための条件です。 『自然治癒力』つまり人間の持つ、治す力は細胞一つ一つにあります。ところが、骨盤や背骨が歪み、脳脊髄液や血流などがスムーズに流れなくなると、『自然治癒力』は低下します。人間の頭蓋骨は息を吸うと横に広がり、吐くと縦長になります。この動きは骨盤の真ん中の骨の仙骨の動きに連動します。つまり、骨盤の動きが悪くなると、脳脊髄液の循環が悪くなり、自然治癒力も低下します。骨盤と頭蓋骨の動きを正常に戻せば、脳脊髄液や血液、神経、リンパ液の流れが正常になり、健康な状態に近くなります。
当院の治療は、骨盤の歪みを治し、神経の流れを正常にしてあなたの自然治癒力を呼び起こします。
骨盤の動きが悪くなると、脳脊髄液の循環が悪くなり、自然治癒力も低下します。骨盤と頭蓋骨の動きを正常に戻せば、脳脊髄液や血液、神経、リンパ液の流れが正常になり、健康な状態に近くなります。

確かにお尻にある梨状筋という筋肉が硬くなることによって坐骨神経を圧迫し、痛みを引き起こす場合もあるので筋肉が緩めば痛みが和らぐことはあります。
しかし、また硬くなれば痛みだします。なぜならば、筋肉が硬くなってしまう原因がまったく治ってないからです。治療にはその人、一人一人に適した治療方法を用いなくてはいけないのです。
自分ひとりでは見つけられない体のゆがみを一緒に検査していき、坐骨神経痛の改善を目指します。自然治癒力が低下してくることで坐骨神経が圧迫され痛みが起こりますので体のゆがみの改善は坐骨神経痛治療には欠かせません。
整体をすることで体の回復が始まりますが、いち早く坐骨神経痛を改善させるためのコツがあります。また、坐骨神経痛に良かれと思っていることが実は痛みが長引くということも多々あります。池袋こころ整体院では整体後に坐骨神経痛の回復が早まるようにアドバイスをしています。
坐骨神経痛は確かに筋肉の疲労が原因になり、血流が悪くなることにより 老廃物が貯まり痛みを引き起こす場合もあるので筋肉が緩めば痛みが和らぐことはあります。
しかし、また筋肉が硬くなれば坐骨神経痛は起きます。なぜならば、筋肉が硬くなってしまう原因がまったく治ってないからです。坐骨神経痛を治療するにはその人、一人一人に適した治療方法を用いなくてはいけないのです。

坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。第 4,5 腰神経 と第 1 ~ 3 仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で腓骨神経と脛骨神経に分かれます。つまり坐骨神経は、神経が腰椎の隙間から出て骨盤をくぐり抜け、お尻の筋肉から顔を出す間のどこかで、圧迫や絞扼などの障害を受けた為に発症すると言えます。
坐骨神経は腰椎の 4,5 番目の神経と仙骨の前面から出る神経の束が合わさり、大殿筋(お尻の筋)の下から大腿の後ろを通り、膝の裏の上(大腿の下 1/3 の高さ)で前後とに分かれて走行しています。歩いたり、転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から脊髄を通り、下肢の動きに関してはこの坐骨神経(末梢神経)に無意識に指令がでています。また、下肢の皮膚感覚にも大切な働きをしています。

坐骨神経は腰椎から出た神経と仙骨から出た神経が合わさった非常に太い神経です。人体の中で最大の神経でペン軸ほどの太さがあります。
抹消までの長さは1m以上もあります。臀部から太もものうしろがわを通って膝の近くで、すねの方とふくらはぎの方と二またに別れて走行し、足の甲と足の裏に続いています。
坐骨神経は末梢神経のなかで最も太く長い神経です。第4、5腰神経と第1~3仙骨神経からなり、梨状筋の下を通って大腿後面を下行し、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれます。

ぎっくり腰は再発する
ぎっくり腰は再発の多い症状です。というのも、治ったというゴールが間違っているからです。皆さんは痛みが一時的にひいたことを治ったと言いますか?
それともぎっくり腰になりにくい状態にまで改善したことを治ったと言いますか?ぜひ皆さんには、これからは後者を選んでいただきたいと思います。
ぎっくり腰は日常の何気ない姿勢や動作で起ります。それは腰や骨盤にちょっと負担をかけただけでも崩れてしまうような不安定な状態で生活をしているということになります。
例えるなら、おもちゃのジェンガの終盤でどこを触っても崩れてしまうような状態です。ぎっくり腰はこれが崩れた時に出てきます。安静にしていればこの痛みは和らいできますが、その状態で組み立てなおしたジェンガは手抜き工事と一緒で崩れそうな状況は変わっていません。
ではどうすれば崩れないように出来るかと言うと、カイロプラクティックが有効です。
カイロは背骨のゆがみを調整することによって本来持っている自然治癒力を発揮させて体を健康にして行くということを目的にしています。
カイロでゆがみを調整することで崩れそうなジェンガを補強していきます。
そうすることでちょっと触れるだけで崩れそうだったものをしっかりとした基盤を作り崩れないようにしていきます。そうすることで痛みの改善にもなるし、再発の防止にもなります。

ぎっくり腰と年齢について
ぎっくり腰になりやすい年齢はあるんでしょうか?
そもそもぎっくり腰とは急性腰痛の総称で、今までと何も変わらない普段の生活を送っていて何気ない動作の中で急に腰に痛みがでて動けなくなってしまう、というのが大半のパターンです。
これは年齢はほとんど関係がないと言われています。
しかし、20代~50代がぎっくり腰になることが多いようです。20代までは筋肉や骨格が成長を続けていますが、20代からは段々と筋肉が老化 してきます。これにより筋力が低下してしまい、今ままで出来ていたことが体にとって負担になってしまいます。
「これくらいは簡単だ。」とか、何も考えずにおこなっていた動作で、負担のかかっていた部分がグキッと傷んでしまうことが多いのです。
このように自分の筋肉が衰えていることを自覚せずに知らず知らずのうちに負担をかけてしまっているのです。
特に中高年になると日頃の運動不足やストレスなどから体に疲労が溜まっているので、ちょっと無理をしたりだとか急に運動をしたり、同じ姿勢をずっと続けると、それをきっかけに痛みます。
急性腰痛(ぎっくり腰)が起こりやすい年齢とはどれくらいなのでしょうか? 急性腰痛、つまりぎっくり腰などの起こりやすい年齢、また、注意しないといけない年齢はどのくらいなのでしょうか?
ぎっくり腰になる年齢は20代中 頃から50代が多いようです。
これは、少しずつ、筋力が低下しているにもかかわらず、「これくらい持ち上げることは出来る!」と無茶をした時に起こりま す。
つまり、20代から筋力は少しずつ低下しているのだという自覚が大切になってきます。また、中高年に入ると、そんな無茶をしなくても、ちょっと物を取ろうとした時に起こったりしますので、日ごろから軽い運動をして、筋肉に刺激を与えることが大切になります。
また、20代から30代では比較的痛みがひくことが早い為、どうしても、すぐに仕事を再開したり、また、重いものをもったりしがちですが、実はまだ完全に治っていない事が多いため、また、再発してしまいます。これがクセになるといわれる原因の一つです。
ぎっくり腰は、腰の筋肉が弱くなることで起こります。いわば筋肉の老化が原因ですから、高齢の方ほどなりやすいと言えます。 しかし過度な運動や、座りっぱなしの仕事、姿勢が悪いなど、腰に負担がかかる生活をしていると、年齢に関係なくぎっくり腰になりやすくなります。
ぎっくり腰と吐き気について
腰痛の原因としては多くの事が考えられます。改善を目指すにはその原因を見つけることが大切です。
腰痛の主な原因としては、筋肉や骨格の問題、動き方の問題、疲労の問題、消化器系の問題、神経系の問題、ガン(腫瘍)、内分泌系(リンパなど)の問題、などがあります。
その中でも吐き気を伴うのが消化器系の問題です。消化器系には胃、十二指腸、肝臓、小腸、大腸、胆のう、膵臓などがあり、これらの疾患により腰痛になることがあります。痛くなる理由としては、炎症があげられます。
内臓に疾患があると臓器を包む膜等の組織が炎症を起こします。それが周りの組織に広がって腰や背中に痛みを感じてきます。また臓器の近くにある知覚神経が圧迫されることによる関連痛や放散痛もあります。
この ように内臓が原因でぎっくり腰になり、胃や十二指腸の疾患によるものが特に吐き気が強く出ます。パターンとしては腰の上部、肩甲骨の下方に背部痛を感じます。
また、臍の上部の痛み、悪心、嘔吐などを伴うこともあります。その際には内科などで診察を受けるようにしましょう。また、食べ過ぎや飲み過ぎで内臓に負担をかけて吐き気と腰痛がでることもあります。
このような場合には、1日食事を控えたり、消化に良い物を食べることで回復してきます。他にも下痢や便秘でも腰痛になる事がありますので、食事や睡眠などにも気をつけましょう。

ぎっくり腰とリハビリについて
ぎっくり腰は日常生活でも非常に起りやすい症状です。この腰痛は激痛で、日本ではぎっくり腰と呼ばれますが西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるくらい痛みが強く出ます。
ぎっくり腰になりやすい状況としては筋肉が硬くなっていることがあげられます。
なぜならば、骨盤や腰椎がゆがんだ状態で普段生活していると、周辺の筋肉にかかる負担は大きくなり疲労して柔軟性が失われてしまうためです。そして柔軟性を失った筋肉は自分の体重を支えられなくなってしまい損傷が起こります。
一度ぎっくり腰になってしまうと再発することが考えられるので十分なケアと予防が必要になってきます。
しかし、ぎっくり腰になってしまうと早く回復したいという思いから、ストレッチやリハビリなどを痛みが出るにも関わらず頑張っておこなってしまう人が多いです。しかし、その頑張りが逆に治りを遅らせたり、やっていても効果がなかったなどの無駄になってしまう時があるので気をつける必要があります。
リハビリは、ぎっくり腰をしてからすぐにおこなうのではなく、痛みが落ち着いてからおこなうようにしましょう。また、リハビリの最中に痛みが出たらすぐにやめましょう。痛いということは腰にある傷口を広げていることになります。
まずは安静にして体がある程度動くようになってから徐々におこなうことです。

ぎっくり腰とリハビリについて
ぎっくり腰は日常生活でも非常に起りやすい症状です。この腰痛は激痛で、日本ではぎっくり腰と呼ばれますが西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるくらい痛みが強く出ます。
ぎっくり腰になりやすい状況としては筋肉が硬くなっていることがあげられます。
なぜならば、骨盤や腰椎がゆがんだ状態で普段生活していると、周辺の筋肉にかかる負担は大きくなり疲労して柔軟性が失われてしまうためです。そして柔軟性を失った筋肉は自分の体重を支えられなくなってしまい損傷が起こります。
一度ぎっくり腰になってしまうと再発することが考えられるので十分なケアと予防が必要になってきます。
しかし、ぎっくり腰になってしまうと早く回復したいという思いから、ストレッチやリハビリなどを痛みが出るにも関わらず頑張っておこなってしまう人が多いです。しかし、その頑張りが逆に治りを遅らせたり、やっていても効果がなかったなどの無駄になってしまう時があるので気をつける必要があります。
リハビリは、ぎっくり腰をしてからすぐにおこなうのではなく、痛みが落ち着いてからおこなうようにしましょう。また、リハビリの最中に痛みが出たらすぐにやめましょう。痛いということは腰にある傷口を広げていることになります。
まずは安静にして体がある程度動くようになってから徐々におこなうことです。

ぎっくり腰とリハビリについて
ぎっくり腰は日常生活でも非常に起りやすい症状です。この腰痛は激痛で、日本ではぎっくり腰と呼ばれますが西洋では「魔女の一撃」とも呼ばれるくらい痛みが強く出ます。
ぎっくり腰になりやすい状況としては筋肉が硬くなっていることがあげられます。
なぜならば、骨盤や腰椎がゆがんだ状態で普段生活していると、周辺の筋肉にかかる負担は大きくなり疲労して柔軟性が失われてしまうためです。そして柔軟性を失った筋肉は自分の体重を支えられなくなってしまい損傷が起こります。
一度ぎっくり腰になってしまうと再発することが考えられるので十分なケアと予防が必要になってきます。
しかし、ぎっくり腰になってしまうと早く回復したいという思いから、ストレッチやリハビリなどを痛みが出るにも関わらず頑張っておこなってしまう人が多いです。しかし、その頑張りが逆に治りを遅らせたり、やっていても効果がなかったなどの無駄になってしまう時があるので気をつける必要があります。
リハビリは、ぎっくり腰をしてからすぐにおこなうのではなく、痛みが落ち着いてからおこなうようにしましょう。また、リハビリの最中に痛みが出たらすぐにやめましょう。痛いということは腰にある傷口を広げていることになります。
まずは安静にして体がある程度動くようになってから徐々におこなうことです。

ぎっくり腰と自転車について
ぎっくり腰になりやすいシチュエーションとして、自転車を引っ張りだそうとした時があります。
よくマンションなどの駐輪場で自転車同士が乱雑に止めてあったりしますよね?そんな時に自分の自転車が奥にあるのを体や腕を精いっぱい伸ばしてハンドルをつかもうとしますが、この体勢はかない腰に負担がかかっていて腰を痛めてしまう原因になります。取りたいものが体よりも遠い位置になるほどに腰は不安定になります。
さらに障害物が目の前にあると体をねじった形になるので腰にはかなりの負担がかかります。自転車に限らずに遠くのものを取る時には注意しましょう。
また自転車は乗る時の動作で、サドルをまたごうとしたときや、長時間同じ姿勢でこいでいると負担のかかる状態が続くので降りたあとに動くとぎっくり腰になりやすい状態になります。
自転車も運動していることには変わりないので腰に疲労は溜まってきます。
特にレースなどの競技用の自転車の場合は前傾姿勢が強いのでより腰への負荷が強くなります。
腹筋や背筋を鍛えればぎっくり腰になりにくいともいわれますが、筋肉の量を増やせば良いというものではありません。柔軟性のある質の良い筋肉を付けられるようにストレッチや食事、睡眠、骨格のゆがみ等を毎日の生活の中でも注意しておきましょう。

妊娠中のぎっくり腰について
ぎっくり腰は妊娠中でも起ります。むしろお腹が大きくなり骨盤が開いて不安定になってる分妊娠中の方が起こりやすいとも言えます。
しかし、お腹が大きいと治療や施術が受けられないんじゃないかと思う方もいらっしゃいますが、実際には問題ありません。うつ伏せで施術は出来ませんが仰向けや座っての施術はできます。
妊娠中だとその場では良くてもまたすぐに再発してしまうんじゃないかと思う方も多いと思いますが、それは傷んでいる部位をどうにかしようとする対処療法の時に言えることです。
腰が痛いから腰を、肩が痛いから肩を治療するというような考え方ではなく、なぜぎっくり腰になってしまったのかの原因を考えて施術していきます。
その原因を改善することで根本的に体のバランスがよくなり、バランスの良い状態であれば痛める前と同じような生活をしていても腰にかかる負担が少ないので再発する可能性も少なくなります。
また、ぎっくり腰の改善は母親のみならずお腹の赤ちゃんにも良い影響があります。
なぜならば、ぎっくり腰になるくらい体がゆがんでいるということは、もちろん骨盤もゆがんでいるということです。
骨盤のゆがみは赤ちゃんを押し潰してしまうので、生まれる前から赤ちゃんにゆがみができてしまいます。ゆがみが強いままで生まれてしまうと体が硬くなったり、怪我をしやすかったり、病気がちになってしまうことも考えられるので、母親の健康状態を万全にしておくことが非常に重要になっていきます。

ぎっくり腰とテーピングについて
ぎっくり腰は急性の腰痛の総称です。
あまりの激痛にどうにか痛みを緩和したいという時にテーピングは有効です。
運動時のテーピングの目的としては、異常のある関節を動きを固定することで痛みを緩和させていきますが、キネシオテーピングでは障害部の痛みを和らげたり、可動域の向上、血行の促進、怪我の予防やリハビリにも効果があります。
他にも腰痛や肩こり、神経痛などの不快感を緩和させる効果もあります。
キネシオテープは人間の筋肉とほとんど似たような伸縮性を持っています。またテーピングの効果は正しく貼らないと意味がなくなってしまいます。正しい使用方法で初めて効果が表れます。
これらはスポーツだけでなく日常生活の中での体の痛みにも使用していきます。ぎっくり腰もその一つです。ぎっくり腰では腰の筋肉や靭帯が損傷することで炎症起り痛みを感じているので、傷んだ筋肉のサポートとして使用すると普段の生活でかかる負担を軽減してくれます。
メリットとしては持続効果が高い、動きがスムーズになる、安全、入浴もできると言った点があります。
しかし、デメリットとしては、皮膚が弱いとかぶれてしまったり、コルセットなどと一緒でテーピングを付けっぱなしにしてしまうとサポートされている筋肉が弱ってしまうこともあります。

ぎっくり腰には安静が一番
ぎっくり腰は急性的な腰痛の代名詞とも言えます。
きっかけとして多いのは、重い物を持ち上げたり、顔を洗うために前屈みになったり、などがあります。このようになる前には腰の違和感や多少の痛みがあったなどがあり、その人の生活環境によって違和感を感じることへの違いがあるようです。
ぎっくり腰で損傷している部位としては筋膜や、筋肉、椎間板、靭帯などを痛めている場合があります。
症状の重さはどの程度それらの組織に損傷が起っているかにもよりますが、横になれなかったり、足に痛みやしびれが出たりなどがあります。たいていのぎっくり腰は初日は症状が重く出ることが多く、寝返りを打ったり、トイレに立ったり、普段の生活をおこなうことが困難になってしまいます。
しかし、患部の炎症が治まるのに2、3日かかりますが、その後は痛みは時間とともに軽減されていきます。
ただいったん痛みを味わってしまうと再度痛み出すことに恐怖を覚え、「また痛くなったらどうしよう」「まだ安静にしてた方がいいんじゃないか」と考える人が多いですが、急性期の痛みが治まれば安静にしていることで状態が良くなっていくことがほとんどですので体にゆがみを溜めないようにして、早く回復出来るようにゆっくりしていましょう。

ぎっくり腰の痛みについて
ぎっくり腰はとても辛いものです。なってしまう時はホントに突然なってしまい動けなくなるくらいの痛みも起ってきます。
どんな痛みかというのは人によって様々ですが、軽いものであればただの腰痛ですむ場合もあります。
しかし重度の場合だと、動くたびに腰に激痛が走って動けない状態になったり、寝ることができなかったり、一度横向きに寝ると起き上がれなくなったり、前に屈むことも後ろに反ることも出来なかったり・・・など具体例をあげるときりがありません。
それぐらい人間にとって腰とは非常に重要な部位なのです。よく痛めてしまったら冷やした方がいいのか温めた方がいいのかと聞かれますが、基本的には冷やす方が良いです。
なぜならば、ぎっくり腰は腰の捻挫だからです。
足首を捻挫した時には皆さんはどうしていますか?水で冷やして靭帯や筋肉が回復するまでテーピングや包帯で固定しておきますよね?腰の捻挫の場合も処置は同じです。
冷やすことで患部の炎症を抑え、傷ついて弱っている筋肉や靭帯を補強する。炎症が治まることで痛みも改善してきますが、この後の処置が最も重要です。
再発しないようにゆがみを調整することです。腰がゆがんだままになっていれば捻挫しやすい環境というのは変わっていません。この調整が今後の体の状態に影響してきます。

ぎっくり腰とヘルニアの違いとは?
よくぎっくり腰と腰椎のヘルニアは同じものだと考える人も多いですが、正確にはこの二つは同じものではなく違った特徴と原因を持っています。
その違いとして、ぎっくり腰は腰に大きな負担をかけることで靭帯や筋肉、筋膜や椎間板などに損傷が起ることを言い、症状としてはぎっくり腰直後は日常生活が困難になるくらい激しい痛みに襲われます。
また椎間板ヘルニアは椎間板の中心にある髄核といものが椎間板の外に飛び出してしまうことを言います。
この場合に症状としては腰痛の他にも足のしびれや坐骨神経痛の症状もあらわれることがあります。
ぎっくり腰だったら整体に行ったり、安静にしていくことで改善してきますが、何度も再発を繰り返してしまったり、再発を繰り返すことでヘルニアになってしまうこともあります。ぎっくり腰の症状がなかなか改善しなかったり他にも症状がある場合には病院での検査も必要になってきます。
以上のことによりぎっくり腰とヘルニアは別の疾患として扱われますが、関係があるのは確かです。
症状としては、ぎっくり腰はヘルニアに比べれば短期間で改善してきますが、椎間板ヘルニアは短期間では戻りません。長期的な保存療法などが必要な場合があり、症状としてはしびれや痛みなどが日常生活の中にも出てきて辛い状態になってしまいます。
ぎっくり腰もヘルニアもなってしまうことは避けたいところですが、ぎっくり腰になってしまった人はヘルニアにもなりやすいので、腰の柔軟性を低下させないようにケアをおこなうことをお勧めします。

椎間板ヘルニアによるぎっくり腰とは?
ぎっくり腰は突然に起る腰痛です。
きっかけはそれぞれで、布団から起き上がろうとする動作や重いものを持ち上げた、スポーツをした、洗濯物を干す、赤ちゃんを抱っこする、など日常でする当たり前の動きで起ることがあります。
ぎっくり腰の原因としてはいろいろなものが考えられますが腰椎椎間板ヘルニアはその中でも最も原因としては多いです。
椎間板ヘルニアは特に腰椎の下部に起りやすく、椎体と椎体の間にある水分を多く含んだ椎間板が腰に負荷がかかることで圧迫され、椎間板の中心にある核が外にとび出てしまった状態を椎間板ヘルニアと言います。
このヘルニアが神経を圧迫した場合、坐骨神経痛のように足がしびれたり電気が走るような痛みが出るなどの症状が現れることがあります。
実は、椎間板ヘルニアがあるから必ずぎっくり腰になるわけではありません。
ヘルニアがあっても腰痛になる人とならない人がいます。その違いとは、疲労による硬さがあるかどうかによります。ヘルニアになるようなゆがみがあっても疲労がある程度回復出来るような人はぎっくり腰になりにくく、ヘルニアがなくても疲労が抜けない人はぎっくり腰になりやすいタイプだと言えます。
しかし、発言を否定するようになってしまうが、ヘルニアになるくらいにゆがみが強い人は体もそれに伴い疲労しているタイプが多い。
そのため、ヘルニアを持っている人はぎっくり腰になりやすいと思ってよいだろう。

ぎっくり腰を冷やす
ぎっくり腰は冷やすことで症状が緩和されます。
なぜならば、ぎっくり腰は腰椎が捻挫した状態なので患部では炎症が起っています。
この炎症を抑えるために冷やすことで症状の悪化を抑えることが出来ます。
冷やす際にはアイシングなどで使う氷嚢を使うと便利です。もしくはビニール袋で代用して中に氷と水を入れて患部に当てておきましょう。
ただし、患部を冷やし過ぎると症状が悪化することがあるので20分以上は冷やさないように注意しましょう。
冷やして炎症が治まると痛みもだいぶ和らいでくるのですが、患部を温めてしまうお風呂などはまだ入らないようにしてくださいね。
アイシングは自分が楽な姿勢でおこなうのが一番です。無理な姿勢だと症状の悪化に繋がってしまいます。アイシングをおこなうときは冬の時期はつらいので部屋を温めたり、タオルの上から氷嚢を置いて冷やすと良いでしょう。
ぎっくり腰の痛みについて
ぎっくり腰はとても辛いものです。なってしまう時はホントに突然なってしまい動けなくなるくらいの痛みも起ってきます。
どんな痛みかというのは人によって様々ですが、軽いものであればただの腰痛ですむ場合もあります。
しかし重度の場合だと、動くたびに腰に激痛が走って動けない状態になったり、寝ることができなかったり、一度横向きに寝ると起き上がれなくなったり、前に屈むことも後ろに反ることも出来なかったり・・・など具体例をあげるときりがありません。
それぐらい人間にとって腰とは非常に重要な部位なのです。よく痛めてしまったら冷やした方がいいのか温めた方がいいのかと聞かれますが、基本的には冷やす方が良いです。
なぜならば、ぎっくり腰は腰の捻挫だからです。
足首を捻挫した時には皆さんはどうしていますか?水で冷やして靭帯や筋肉が回復するまでテーピングや包帯で固定しておきますよね?腰の捻挫の場合も処置は同じです。
冷やすことで患部の炎症を抑え、傷ついて弱っている筋肉や靭帯を補強する。炎症が治まることで痛みも改善してきますが、この後の処置が最も重要です。
再発しないようにゆがみを調整することです。腰がゆがんだままになっていれば捻挫しやすい環境というのは変わっていません。この調整が今後の体の状態に影響してきます。

ぎっくり腰の応急処置について
ぎっくり腰は日常的に突然起る腰痛の事を言います。
普段やっているちょっとした動作だとか、生活の中での動きで急に発症するので「注意してくださいね」と言ってもなかなか難しいものがあります。
一度ぎっくり腰になって痛めてしまうと2,3日で完全に痛みが消えるというものではないので一週間など長引くことがあります。
ぎっくり腰になってしまった直後に適切な調整や応急処置をすることで回復を早めたり、逆に処置が遅かったり間違ったやり方をすると悪化したり、痛みが長引いたりなどが起ってしまいます。
改善に向かう為に最も良いものが体の調整を行うことです。
腰に負担のかかる状態を改善してあげればその場では痛みは変わらなくてもその後の回復する期間が大きく変わってきます。
しかし、応急処置という意味ではまずは冷やすことをお勧めします。
なぜならば、ぎっくり腰は腰の捻挫が起っている状態なので炎症が起っているからです。炎症を抑えてあげれば痛みも和らいでいきます。
他には骨盤を固定して安定させるために骨盤ベルトなどを巻いてあげると捻挫で傷ついた筋肉や靭帯の補強になるのでこれも効果的です。
しかし、応急処置だけでは痛みは緩和出来ても再発の危険性が残ってしまうので最終的には体全体のゆがみを調整していく必要があります。

ぎっくり腰の前兆について
ぎっくり腰は身近な症状です。病院などでは腰椎捻挫と診断されたりする急性腰痛です。
日常の何気ない動作の中で起ってしまいますが、ぎっくり腰の前兆は存在します。
その前兆の自覚症状としては、
●腰のハリやつっぱり感が続く
●腰に重さや軽い痛みがある
●腰に負担をかけた
●寝返りでも痛みを感じる
●腰より下の関節に痛みを感じる
●体全体に疲労が溜まっている
●背骨がきしむような感じがした
●毎朝足の裏に痺れを感じる
●寒い日に痛みを感じることが多い、などがあります。
意外と思い当たることが多いと思います。
ぎっくり腰は一度なると再発してしまうことが多いので、繰り返しならないためにもこ前兆を見逃さないように早めに対処することが大切です。
特に温度差が激しい季節の変わり目や冷え性の方はぎっくり腰が起こりやすいので注意が必要です。
もしぎっくり腰の前兆を感じたら安静が一番です。楽な姿勢で腰に負担をかけないようにします。また血行を良くして筋肉の疲労を取るように心がけましょう。
自分でマッサージや半身浴などのも効果的です。少しでも痛みをや違和感を感じたら早めに対処をすることが大切です。そのためにも日頃から自分の腰の状態を気にして生活していきましょう。

ぎっくり腰とアルコールについて
普段の生活を送っていて、いつものように床に落ちているものを拾おうとしたり、椅子から立ち上がろうとした時に「あ、腰が・・・」というのがぎっくり腰のパターンです。
再発する方も多いと思います。
西洋では「魔女の一撃」と言われるくらいに激痛であると世界的にも認識されています。ぎっくり腰になってしまった場合には安静が一番の薬になります。
ぎっくり腰の腰の状況としては炎症を起こしてしまっている状態なのでお風呂で暖めたりお酒を飲んでしまうのもダメです。炎症が悪化してしまうのでとにかく安静にしましょう。
もしぎっくり腰になってしまい、お風呂に入りアルコールを飲んだとすると、その時は血行が良くなり、一時的に改善に向かうように感じるのですが次の日には起き上がれないくらいの痛みになる事が多いです。
なぜならば、腰の筋肉や靭帯が傷ついている状態で血行を良くしてしまうとその傷はふさがるどころか出血が起ってしまうために傷口が開いてしまいます。
そうなると痛みが増してしまい、かつ回復も長引いてしまいます。腰の痛みは体が「どうか今はゆっくり休ませてください」というサインの代わりなのです。
こういう時には二つのパターンがあって、ゆっくり休んで腰の状態が安定してからどこかの治療機関に通うものと痛みが出たらすぐに通う二つのパターンがありますが、おススメできるのは後者の方です。
なぜならば、調整した方が結果的に回復力が高くなり痛みがただ安静にしている時よりかは早く改善してくるからです。痛みのある時は自分の体をいたわるように気をつけましょう。

ぎっくり腰とお風呂について
ぎっくり腰になった時にお風呂に入っても良いのかどうか、痛くても体を暖めた方が回復に良いんじゃないか、いや、冷やしておいた方が良いんじゃないか、と非常に悩む方が多いようです。
ぎっくり腰の症状は様々で、起き上がることも歩くことも辛い状況の時もあれば、日常生活に支障が出ない程度の時もあります。痛みがある時は入浴することも辛いので入らない人もいますが、それが正解です。
急性のぎっくり腰の場合には患部を温めることはせずに安静にしていることが必要になります。
なぜならば、ぎっくり腰では痛めた患部が炎症を起こしている状態なので入浴以外にも患部を温めないように注意する必要があります。
ですので、浴槽につかることはお勧めできません。
我慢できない時には軽くシャワーにするか、濡れタオルで体を拭くようにした方が無難です。
その際にも屈んだり、反ったりなどの負担のかかる姿勢は避けましょう。シャワー程度でも炎症が強くなれば症状が悪化してしまう人もいます。そんな時にはアイシングをすると良いでしょう。
簡単なものであればビニール袋に氷と水を入れて作れます。それを使って患部を冷やします。冷やす際には10分程度冷やし、10分置いて、10分冷やして・・・と交互におこなっていきます。

ぎっくり腰を温める
ぎっくり腰は日常生活の中で起りやすい症状です。実際になってみるとひどく辛い症状なのでどう対処したら良いのか迷うことが多くあります。
迷う選択肢としては冷やした方が良いのか温めた方が良いのかが多いようです。
大抵は温めると良くなるようなイメージが強いですが、温めるのは良くありません。逆に冷やすようにしましょう。
ぎっくり腰は急性腰痛症と言われ、捻挫と同じような状態ですので冷やすことで炎症を抑える必要があります。
ぎっくり腰の初期では炎症が起きている状態ですが、それを温めると患部の炎症が強くなってしまいます。
例えるなら、熱を出して苦しんでる子供の頭に湯たんぽやカイロを当てているような状態です。なんとなく、よけいに苦しそうな感じがしませんか?入浴も患部を痛めることになってしまうので、痛みが引くまではタオルで体をふく程度にとどめておいた方が良いでしょう。
他にも血行を良くして体を温めてしまうアルコール等は避けるようにしましょう。
しかし、これはあくまで急性のぎっくり腰の場合で、慢性的な腰痛の場合は温めた方が楽になる場合が多いので自分で対処するときは気を付けなければなりません。
一度ぎっくり腰になるとストレスが溜まります。「あれはダメ、これはダメ、安静にしていなさい」。こうならないように普段の生活から予防をしていくことが重要になります。

ぎっくり腰とストレッチについて
ぎっくり腰の予防や改善にはストレッチが有効です。
ぎっくり腰は腰や骨盤の柔軟性が低下し、その状態で普段の生活を送ることで段々と負担が積み重なり、腰の筋肉が傷んでしまい、重い物や負担のかかる姿勢になった時に自分の体重を支えられなくなり、ぎっくり腰になってしまいます。
普段の生活でも体の筋肉が疲労していたり、硬い状態で眠ってしまうと朝起きた時にぎっくり腰を起してしまう可能性が高くなります。そのような状態を改善するためには一日の疲労を緩和させるために就寝前のストレッチや入浴後のストレッチを習慣化させるがおススメです。
また、ストレッチをおこなうに当たっての注意点もいくつかあります。これを守らないと効果がないばかりではなく逆に体を痛めてしまうこともあるので注意しておこないましょう。
まずは自分の腰痛の原因や状態を知っておくことが必要になります。痛みが強い場合には一度病院での診察やレントゲンを撮ってもらうことも大切です。例えば、骨折などがあるのに頑張ってストレッチをおこなっていたとしても逆に治りを遅くしてしまいます。また、頑張り過ぎないということも大事です。
(1)最初から無理をしない事!
今まで腰痛体操・ストレッチをした事が無い方は、はじめから無理をしますと、身体がその動きになじんで無いため、腰痛やスジなどを痛めてしまう可能性があります。
また、よく腰痛のを我慢して、一生懸命やる方がいますが、これもちょっとマイナスです。最初はゆっくりと無理せず腰痛体操・ストレッチをしましょう!大事なのは「継続は力なり」です。
(2)腰痛体操・ストレッチをする前に必ず身体を温めておく事!
身体を温めないで、腰痛体操・ストレッチをしてしまいますと、やはり腰痛やスジなどを痛める原因になります。
腰痛体操・ストレッチをする前にはジョギングやウォーキングなどで身体を温めてからやりましょう。
お風呂で身体を温めてからやるのもOKです。
因みに、私は自転車で腰痛など身体を温めてから腰痛体操・ストレッチをします。

ぎっくり腰と寝方について
ぎっくり腰は急性の腰の痛みですが、原因は腰の骨の捻挫、骨盤の関節の捻挫、椎間板ヘルニア、筋膜という部分の腰痛があります。
中でも多い原因が骨盤の関節の捻挫(仙腸関節)があります、西洋では魔女の一撃とも呼ばれるくらい激しい痛みに襲われます。
ぎっくり腰は突然現れる痛みですので、痛みが出た時の対処法でその後の回復がかわってくるようです。 切り傷や擦り傷のように自然に治ると思って放っておくと、慢性化したり悪化して椎間板のヘルニアになってしまう事もあるようです。
では何をしたらいいのか?
それは整体やカイロプラクティックに行って施術を受ける事が一番だと思います。一回の施術で驚くほど痛みがなくなった、なんて事も良くあることです。 整形外科などにいって医者の診断を受けることも現状の確認のため大事なことですが、ほとんどの場合は湿布と痛み止めを処方して終わるようです。
さてぎっくり腰になった時の寝方ですが、腰に負担をかけないために座布団を用意してください。 そして仰向けに寝て膝を曲げて寝るのですが、この時に先ほど用意した座布団を膝の下にいれて膝を高くします。
仰向けが辛い場合は横向きになってねます、その時に今度は脚を曲げて体を丸めるようにして寝ると体が楽です。
腰の負担を逃がしたい時は先ほど用意した座布団を今度は、抱き枕のようにして腿の間に挟んで寝ると腰の負担を減らす事が出来ます。
なんにせよ、日ごろから腰に負担をかけないように姿勢を正して生活するか、整体やカイロプラクティックなどで定期的にメンテナンスを受ける習慣が大事なのかもしれませんね。

ぎっくり腰と食べ物について
ぎっくり腰に頻繁になりやすい人は共通点としてお腹が冷えているということがあります。
お腹の冷えは内臓の働きを低下させて血流が悪い状態になります。筋肉や体の組織は血液からの栄養を受け取って体を支え、柔軟性のある体調の良い状態を維持することが出来ます。
逆に言えば血流が悪いということは、そういった組織に栄養が回っていかないので体の柔軟性は低下し、体調の崩れやすい状態になってしまいます。
体を冷やしやすい食べ物としては冷たい飲み物や食べ物、動物性たんぱく質や牛乳、砂糖などの甘い物、などがあげられます。これらは体幹部分の筋肉を弱めてしまいます。
体を温める食べ物としては温かい食べ物や根采類などがあります。ぎっくり腰の予防としても大事ですが、ぎっくり腰になったときの食事も体が冷えないように気をつけましょう。
また冷えはホルモンの分泌にも大きく影響してきます。
冷えることでホルモンの分泌が低下し、筋肉に十分な栄養がいきわたらない状態になるとぎっくり腰になりやすくなります。このホルモンの生成に必要なのがビタミンCです。なのでビタミンCの摂取が不足していたり、喫煙している人はホルモンの分泌が低下してしまうので骨盤が安定できずに不安定な状態になってしまいます。ビタミンCの他には硫黄も重要な栄養素の一つです。
しかし加齢とともに硫黄を吸収するという働きが減ってしまうので硫黄を多く含むニラやニンニク、ネギなどの野菜を意識的に取るように心がけましょう。

ぎっくり腰と運動について
ぎっくり腰と運動は大きく関わっています。
しかし、なぜぎっくり腰なってしまうのかがわかっていないとケアの仕方が間違ったものになってしまいます。
そもそもぎっくり腰はあからさまに交通事故にあったり大きな怪我や強い衝撃を受けた場合を除いては、腰や骨盤周辺の筋肉の柔軟性と筋力の低下が原因で引き起こされることが多いです。
ぎっくり腰になってしまう状況としては、骨盤や腰周辺の筋肉と体の体幹部の腹筋や背筋などの筋肉が弱ってしまい柔軟性が低下します。柔軟性が低下すると結果として腰の動きが悪くなり、このままの状態で普段の生活を送ることで徐々に腰にかかる負担が強くなりぎっくり腰へと発展していってしまうのです。
ぎっくり腰になる状況としての例ですが、思い荷物を持ち上げた時に起りやすいのは、この重さに筋力が負けてしまい支えられなくなったときに起るのです。このような理由から、腰の筋力と柔軟性はぎっくり腰に大きく関係すると言えます。
つまり逆を言えば、腰の柔軟性や筋力を向上させるようなセルフケアやトレーニング、治療をすることによりぎっくり腰を未然に防げるということなのです。
一般的には筋肉はただトレーニングして硬く強くしていけばいいように錯覚しますが、柔軟性も同じように大切であるということを忘れないようにしましょう。

ぎっくり腰と対策について
ぎっくり腰対策としておススメなのは、カイロプラクティックです。
なぜならば、なってからの対策よりもなる前の対策の方が簡単だからです。ぎっくり腰は日常のふとした動作で起ってしまいます。なぜ起こるのかと言うと、腰や骨盤の筋肉や靭帯が不安定でつっぱったり硬くなってしまっている状態にあるからです。
このように何をしていても無意識に体が硬直した状態の場合、腰にちょっとした負荷を加えたりすると硬くなっている組織に損傷が起こります。これがぎっくり腰です。
一度ぎっくり腰になると完治までに時間がかかってしまう場合もあり、また再発も頻繁に起る場合もあります。痛みもゼロに戻る場合もありますが、鈍痛や重さ、違和感がずっと続いてしまうということもあります。このように改善するには時間がかかります。
それよりもなる前のケアが非常に大事になります。
ではケアとは何をすればいいのかというと、カイロプラクティックです。
カイロでゆがみを整えることで腰にかかる負担を軽減できるので、腰や骨盤周りの筋肉や靭帯がゆるんできて体に柔軟性が出てきます。
体に柔軟性があれば、たとえ腰に負荷のかかることをやっても対応が出来るようになります。 ぎっくり腰になる前に自分の体をメンテナンスしてゆがみのない状態にしていきましょう。

ぎっくり腰の予防とは?
ぎっくり腰とは
よく突然腰に痛みが出たりすると「ぎっくり腰」と言われるが、まさにその通りで、急性腰痛のことをぎっくり腰と言うのです。
特に腰に違和感がないのに急に痛み出す事もあれば、慢性的な腰の症状を持っていて、それが急激に痛みだす場合もある。
症状としてはひどい腰痛である。前には屈んでも後ろに反ることが出来ない。体を捻って後ろを振り向けない。寝返りを打つのに苦労する。一度寝たら起き上がれない。おなじ姿勢を続けているとその姿勢から動けない。体が前重心になっている。これらの症状が元になって、毎日の生活での仕事や家事、運動や遊びを制限させられてしまう。
ぎっくり腰になりやすい状態
ぎっくり腰はどのような時になるものなのか?それは当たり前だが、腰に負担のかかった時である。
よく「重いものを持ったりはしていないので、そんなに腰に負担がかかっているとは思えない」とか「今までに腰に違和感を感じたことはない」という方もいらっしゃいますが、自覚がなくても腰には負担がかかっています。
その状態が長く続くことで筋肉はつっぱった状態で固くなってしまい、ちょっとしたことがきっかけで筋肉や靭帯の線維が傷ついてしまうことが起ります。
ぎっくり腰の予防策
予防策としては二つ考えられます。
傷付くきっかけを作らないこと、もう一つは筋肉の柔軟性を取り戻すことです。
前者はかなり無理があるように思います。何がその人にとってきっかけになるかわかりませんし、そんなことを気にしてしまっては仕事や遊びが思い切り出来なくなってしまいます。現実的に薦めるのは後者です。
では柔軟性を高めるためにはストレッチをやれば良いのかと言えば、そういうわけではありません。自分の健康な状態を維持していくことが大事なのです。そのためには一度、何が良い状態なのかを知らないと自分が今どっちなのかがわからないのです。
こころ整体院では
当院では患者さんと術者が一緒に検査していくことで現在の自分の身体の状況を認識し、施術後に再度検査を行うことで比較をしていき、良い状態とはどのような状態なのかを実感していただけます。自分の状態を知ることが、ぎっくり腰を予防する第一歩になっていきます。

ぎっくり腰の治し方について
ぎっくり腰になった時、腰の内部ではどんな事が起っているかイメージできますか?
わかりやすい例だと足首の捻挫です。足首を捻挫してしまうと筋肉や靭帯が傷ついてしまい出血が起こります。すると足首は腫れてしまい、体重をかけようとすると痛みます。これが腰に起っていると思ってください。
腰に力を入れようとすると痛む、前屈みになれない、しゃがむと痛い、一度横になったら起きられない、寝返りがうてない、歩くときに足が上がらない、などの症状が表れます。
これらの症状に対して施術を行っていくのですが、痛みの出ている腰の部分のみを施術することはありません。
ぎっくり腰は、腰が悪いのが原因でぎっくり腰になったわけではありません。
腰に負担がかかるような「ゆがみ」が原因となっているのです。
このゆがみを調整することで腰にかかる負担を取り除いていきます。すると今まではゆがみのせいで筋肉や靭帯が損傷した部分の傷口が塞がりづらかったのが治りやすい環境が整ってきて回復が早くなります。
また、腰に負担がかかってしまう根本的なゆがみを整えることで、ぎっくり腰の再発を防止することができます。
ぎっくり腰は一度なってしまうと、定期的になりやすくなってしまいます。それは痛みはひいたかもしれませんがゆがみが残っているためです。そうならないためにも、しっかりとゆがみを整えていきましょう。
ぎっくり腰と整骨院について
ぎっくり腰の改善には整骨院に通うのがおススメです。
というのも、ぎっくり腰になるということは腰だけがゆがんでいるわけではなくて、体全体の歪みが腰に負担をかけてしまっている状態になります。そのゆがみを調整していかないと、一時的には症状は治まっても再発の恐れが出てしまいます。
なぜかといえば、ぎっくり腰とは腰椎に起る捻挫の事を言うので、痛みや症状は安静にしていれば大抵は三、四日から一週間くらいの期間で徐々に治まってはきます。
しかし、痛みは和らいでも腰に負担のかかるゆがみや体のバランスは変わっていないので腰に違和感が残っていたり動きによっては痛みが出たりなどがあります。
そのために、腰が痛いから腰だけを施術するような対処的な方法ではなく、なぜ腰がこんなに負担を受けるまでになってしまったのかという原因を見つけていくことが大切です。
腰に負荷がかかる原因としてはいろいろな事が考えられますが、骨盤の問題や、内臓の問題、足首の問題、または首のゆがみの問題など、いろいろなものが考えられます。
そういった問題を検査して見つけ出し、調整することでぎっくり腰を根本から改善していきます。これが整骨院をお勧めする理由です。

ぎっくり腰を治す
ぎっくり腰は腰の捻挫です。これを治すにはゆがみの調整が必要になってきます。なぜならば、ぎっくり腰は腰が痛んではいますが、結果として腰が痛んでいるのであって原因ではないからです。
原因は日々の生活で腰に負担がかかってしまう体の歪みにあります。痛いという結果だけを改善するならぎっくり腰の場合は安静にしていれば症状は和らいできます。
しかし、原因を治さなければ時間とともに同じ結果が現れてきます。ぎっくり腰の再発という結果です。足首の捻挫と同じように一度捻挫してしまうと、痛みは時間とともに治まってはきますが、ゆがみはそのまま残ってしまいます。
そのために捻挫しやすい状態で生活していることになるのです。ですので、ぎっくり腰を根本から改善していくには痛んでいる部分だけにとらわれずに体全体の歪みを改善していくことが必要です。
施術の仕方としてはいろいろな方法がありますが、何か交通事故や大きな外傷を受けたのでなければほとんどは日々の生活から来るゆがみの積み重ねで起っていますので、骨の構造や筋肉の緊張だけでなく、内臓の働きなどの調整も行っていく必要があります。
そうすることで血液の循環が高まり、ゆがみが整うだけでなく、捻挫で傷ついた筋肉や靭帯の修復が早まったりなどがあります。

ぎっくり腰とシップについて
日常生活の中で突然に起ってしまうぎっくり腰。その中には病院に行くほどの痛みではない、という程度のものも珍しくはありません。そんな時に少しでも症状を軽減できるように、と思い浮かぶのはシップだと思います。
しかし、当院に来院される患者さんでも「どんなシップを使ったらいいのか?」「温シップと冷シップではどちらの方がいいのか?」など質問される方が多いです。
実際に薬局に見に行けば種類や値段が違うのでどれがあっているのかが分からなくなってしまうことも多いそうです。
通常シップは冷やすタイプの冷シップと温めるタイプの温シップがあります。
ぎっくり腰では腰椎の一部の筋肉が傷ついて、損傷による炎症が起っている状態なので炎症を抑えるために冷やす必要があります。冷シップは皮膚の温度を下げる働きがあります。
また温、冷だけではなく、成分によっても種類が分かれます。
種類は2つあって「第一世代」と「第二世代」と呼ばれます。
前者はメンソールのスーっとした感じが強く、後者は成分として最近よく名前が出るインドメタシンとか、フェルビナクなどが含まれています。
どちらも消炎・鎮痛効果があります。副作用はほとんどありませんが、かぶれたり肌に合わない場合も考えられるので念のために医師や薬剤師に相談することをお勧めします。
ぎっくり腰になった当日はシップを買いに行けないくらい痛むことも考えられるので、代用としてはビニール袋に氷水を入れたものを用いて患部を冷やすと良いでしょう。
あとは無理に動かずに安静にしていることを心がけましょう。

ぎっくり腰が治らない原因とは?
ぎっくり腰は急に起る腰痛の事を総称していいます。
屈んだ状態からいきなり立ち上がったり、重い物を持ち上げたり、シャワーを浴びようと腰を反ったり、椅子に座ろうとしたり、朝布団から出ようとしたときなど日常生活で必ずやってしまう何気ない動作がきっかけで痛みに襲われてしまいます。
痛みはひどい場合だと、立ち上がれない、寝返りがうてない、椅子に立ったり座ったりができない、前屈みや後ろに反る事が出来ない、歩くときに一歩足を出すごとに痛む、などちょっとでも腰回りの筋肉に力を入れると激痛に襲われます。
こういったぎっくり腰でも時間とともに痛みは治まってきます。それが普通の生活が出来るようになるまで2、3日か1週間なのかはどれだけ腰に負担がかかっていたかによって人それぞれです。
しかし、期間をあけてもなかなか痛みが改善しない場合もあります。その場合は腰にゆがみが残っていることが多いです。ぎっくり腰は腰で捻挫が起きたような状態です。捻挫は時間がたてば炎症が治まり痛みは改善してきますが、捻挫した時の捻じれやゆがみは残ったままになってしまいます。
その残ったゆがみによってぎっくり腰が再発してしまったり痛みが治らないということが起ってきます。ぎっくり腰は痛みだけに捕らわれずに根本的なゆがみを調整することで初めて改善が見込めます。

ぎっくり腰の治し方について
ぎっくり腰になった時、腰の内部ではどんな事が起っているかイメージできますか?
わかりやすい例だと足首の捻挫です。足首を捻挫してしまうと筋肉や靭帯が傷ついてしまい出血が起こります。すると足首は腫れてしまい、体重をかけようとすると痛みます。これが腰に起っていると思ってください。
腰に力を入れようとすると痛む、前屈みになれない、しゃがむと痛い、一度横になったら起きられない、寝返りがうてない、歩くときに足が上がらない、などの症状が表れます。
これらの症状に対して施術を行っていくのですが、痛みの出ている腰の部分のみを施術することはありません。
ぎっくり腰は、腰が悪いのが原因でぎっくり腰になったわけではありません。
腰に負担がかかるような「ゆがみ」が原因となっているのです。
このゆがみを調整することで腰にかかる負担を取り除いていきます。すると今まではゆがみのせいで筋肉や靭帯が損傷した部分の傷口が塞がりづらかったのが治りやすい環境が整ってきて回復が早くなります。
また、腰に負担がかかってしまう根本的なゆがみを整えることで、ぎっくり腰の再発を防止することができます。
ぎっくり腰は一度なってしまうと、定期的になりやすくなってしまいます。それは痛みはひいたかもしれませんがゆがみが残っているためです。そうならないためにも、しっかりとゆがみを整えていきましょう。

ぎっくり腰の治療とは?
ぎっくり腰は急性の腰痛のことを言います。
症状としては、「今朝起きたら急に腰が痛くなって起き上がれない」とか「どんな体勢でも痛い」とか「坐骨神経痛もでて歩くのが辛い」など普段の生活ができなくなるようなものもあります。ぎっくり腰でツライのは、どんな動きをするのにも痛みが付きまとうことです。
足の痛みみたいに、足を地面につかなければ痛くないというようなものではなく、立ってても、座ってても、寝ていても腰は使うので、それらの動作が苦痛になります。
これらは、腰の柔軟性の低下によって起ってきますので柔軟性を高めていくことが治療に繋がります。人間の体は疲労してくると筋肉が硬くなっていきます。この筋肉がゆがんだ状態が長く続くと背骨や骨盤のゆがみに繋がっていってしまいます。
つまり、ゆがんだ背骨や骨盤を矯正して真っ直ぐに整えても、疲労している状態ならまたすぐにゆがんでしまうんです。ゆがみを整えるのはもちろん大切なことです。
しかし、なぜ体がゆがんでしまったのかの原因を改善しなければ根本の改善にはなりません。疲労がしっかりと取れる状態になってからゆがみを矯正していくことで効率よくぎっくり腰を改善していくことができます。

ぎっくり腰で動けない原因とは?
ぎっくり腰は急な腰の激痛に襲われます。
そのため動けなくなることが症状の一つにあります。
仕事や家事などをしていられない程の場合もありますので非常に恐いものです。 ぎっくり腰で動けなくなってしまうのは、腰部の関節がガチガチに固まってしまっている状況の為です。体は疲労が溜まると筋肉が硬くなっていきます。
筋肉が硬くなると関節が動きづらくなります。動きが悪いと姿勢の悪さやバランスが崩れることに繋がり、運動時や同じ姿勢を続けることで体にかかる負担が大きく増加してきます。負担が大きくなるから更に筋肉が硬くなります。
この悪循環の繰り返しによってぎっくり腰の準備が整います。あとはちょっとした負荷(シャワーを浴びたり、起き上がったり、、立ち上がったり、中腰で作業をしていたり・・・etc)をかけるだけで限界に来ていた筋肉は損傷したり、神経を圧迫したりします。
腰の筋肉は体のほとんどの動きに対応しています。つまり立ったり、座ったり、寝たり、歩いたりなどのほとんどの動きに痛みを伴ってしまうのです。痛みが弱ければまだ動くことができますが、ぎっくり腰の痛みは強いことがほとんどです。ぎっくり腰になったことがない人にとっては「そんなに痛くないでしょ?」と思うかもしれませんが、実際に自分がなってみると誇張ではないことが分かっていただけると思います。

ぎっくり腰の対処法
ぎっくり腰は急性の腰痛の総称です。
どんな時になることが多いかと言うと、重いものを持ち上げた時、寝返りをうった時、布団から起き上がる時、シャワーを浴びている時、顔を洗っている時、急立ちあがった時、運動をやり始めた時など「そんなことで痛くはならないでしょう」と思えるようなものでも発症することが多いです。
ぎっくり腰になると腰に力を入れることが困難になります。
つまり背筋を伸ばして歩くことができなかったり、手の支えなしでは顔を洗えない、仰向けになって寝ることができない(腰を反ってしまうため)、などの症状が出ることが多く、坐骨神経痛も併発して起ることがあります。その場合はしびれや痛みが腿の裏からふくらはぎ、足の先まで表れることが考えられます。
このようにぎっくり腰になってしまうのは体に疲労が溜まってしまった状態で起きることなので、その前に疲労が抜けるようにしてぎっくり腰にならないように予防していくことが必要になっていきます。
しかしそれでもなってしまった場合には、単純ですが痛みの出ない姿勢を見つけて休んでください。急性の場合にはアイシングなども効果的になります。
ぎっくり腰では安易に揉んだりほぐしたりするとかえって悪化してしまうことがあり、それを揉み返しだと勘違いすることもあります。一番は適切な施術と休息が大事なのです。

ぎっくり腰の原因とは?
ぎっくり腰は急に起る腰痛のことを言います。
症状としては、布団から起き上がれない、寝返りが打てない、前屈みには出来ても起き上がれない、じっと座っていられない、腰を反ることができない、などがあり腰痛に加えて坐骨神経痛も併発することがあります。
なぜぎっくり腰になってしまったのかの原因についてはいろいろ考えられます。腰椎のゆがみ、腰椎の捻挫、椎間板ヘルニア、分離症、すべり症、腎臓の下垂、大腰筋の収縮・・・などありますが腰痛の人に共通していることがあります。それは腰の関節の硬さです。人間は本来体の柔らかさを持っています。しかし、疲労が溜まってくると筋肉は無意識に緊張して硬くなります。
例えるなら、人間はゴムのようなものです。通常であれば伸びたり縮んだりどんな動きにも対応ができますが、疲労が溜まっていくにつれてゴムは伸ばされていきます。ゴムは伸びきってしまえば硬くなります。
これがぎっくり腰になる直前の状態です。
後はちょっとした負荷や動き、疲労を加えるだけでゴムはブチっと切れたり、傷がついたりしてしまいます。これがぎっくり腰の状態です。重いものを持っただとか、急な運動をしたとかしなくてもちょっとしたことが原因でぎっくり腰になってしまうのはこのように疲労による腰の硬さが原因になってきます。

箕面市 骨盤矯正とぎっくり腰

ぎっくり腰の症状

ぎっくり腰は急な腰痛の総称になります。
腰部は人間の生活するなかでも主要な部分で、強く大きな筋肉で構成されている。筋肉は疲労によって硬くなり、硬くなった筋肉は損傷しやすい状態になる。このような環境が長い間続き、何かの拍子に腰にかかる負担が増したときにビキっと痛めたりしやすくなってしまいます。
症状として多いのは、何をしていても痛い、仰向けになって寝られない、寝返りがうてない、一度横になると起き上がれない、前屈みになれない、靴がはけない、椅子に座っていられない、ちょっと立っているだけで痛みが出てくる、立ち上がる動作が痛い、などが腰の症状として考えられます。
また、ぎっくり腰が坐骨神経痛を併発することも非常に多く、腰の痛みとともにお尻から足の先までに痛みやしびれ、違和感、何だかわからないけれどじっとしていられない感覚になります。

ぎっくり腰ではこのような症状がありますが、実際に体験してみると我慢が出来ないものです。初期症状を感じる人と感じない人がいますが、どちらの場合も日ごろからのケアが必要になっていきます。痛みが出てからの改善は予防よりも難しいものです。日ごろから疲労を抜けるようにしておくことでぎっくり腰になることを予防していきましょう。

箕面市豊中市 ぎっくり腰ならみゅう整骨院にお任せください。

箕面市 骨盤矯正とぎっくり腰

箕面市 ぎっくり腰について

箕面市 ぎっくり腰なら骨盤矯正・整体が得意なみゅう整骨院にお任せ下さい。

ぎっくり腰とは日常でも良くあることで、当院に来院される患者さんの多くがぎっくり腰の症状で悩んでいます。

ぎっくり腰は急性腰痛の事を指します。
徴候として、「腰が痛くなりそうだなぁ」や、「重だるい感じ」等を感じることもあれば、そのような兆候もなく突然に痛みが出る場合があります。しかしどちらも共通することは痛みの出る患部が硬いということです。

このように柔軟性の失われた部位は止まっている時でも動きの中でもストレスが加わりやすくなってしまいます。
結果、そこの筋肉や組織に損傷が起こり、ぎっくり腰と呼ばれるような症状が表れます。

腰に普段から負担がかかっていて筋肉が硬い状態だと、よくあるのが重いものを持ったときに痛めた、なんていうことになるのです。 柔軟性が無い硬い体ではぎっくり腰になる確率は大きくなってしまいます。

皆さんは自分の体の柔らかさには自信はありますか?

箕面市 骨盤矯正と体操

骨盤矯正と体操

・メリット
骨盤体操というものは今ではよく知られている言葉だ。骨盤を中心とする運動をおこなうことで骨盤周りの筋肉を強化し、ウエストを引き締めるというものだ。こういう体操は普段使わない深層の筋肉「インナーマッスル」も鍛えられるので日常の基礎燃焼量が増加することでダイエットにもつながる。またヨガなどのようにストレッチの要素も多いため
柔軟性の向上にもつながります。

・デメリット
こういった健康に関する体操などはやればやっただけ効果が出るというものではない。骨盤とは正常な状態なら柔軟性のあるものなので無理やりに骨盤を動かす必要はないのだ。また、普段使っていない筋肉を鍛えるときの注意として、急に負荷をかけてしまうと筋肉の損傷などを起こしてしまう事もある。体の柔軟性を無理やりつけようとして頑張り過ぎるのも同じだ。体がそこまでしか力を発揮できないのだから背伸びをせずに、自分の範囲内で行っていくべきだ。

・どうしたら良いのか
体操やエクササイズを行うことは日々の生活レベルを引き上げる上でも大切なことである。しかし、そのような体操やエクササイズをするのにもある程度の体の能力が必要である。柔軟性の全くない人にヨガのポーズをして下さい、と言っても無理なように、自分のできるレベルを見極めることも必要だ。また能力がなぜ出せないのかを考えなければならない。本来ならば筋肉は伸縮の働きがあるためリラックスした状態ならば柔らかいものだし、関節もしっかり動く状態ならば痛みや左右差がでるような事はない。
ちゃんとした健康な状態という土台の上にプラスαで体操やエクササイズが乗っているのだという事を忘れてはならない。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤矯正とコルセット

骨盤矯正とベルト(コルセット)

・利点だと思われている部分

最近では骨盤ベルトでのダイエットなどが流行っているが、どのような効果があるのだろうか?ただやればいいと思っていると効果があまり出ないことが多いので、しっかりと理解しておいた方が良い。
まず、骨盤にベルトやコルセットを巻くことで骨盤は締まると思われている。骨盤が締まることで開いていた骨盤が本来の働きを取り戻し、機能や代謝が高まる事によってダイエット効果が出る。見た目にも骨盤を締めることで小尻に見えたり、腰に巻くことでウエストが引き締まったように見えたりする。

・こういう面もあります

上記のようなメリットはもちろんあります。しかし、それが全員に対応できるかと言えばそうではありません。皆が皆、骨盤が開いているわけではないですし、同じ開き方をしているわけではありません。また、骨盤部だけでなく腹部まで圧迫するタイプでは、腹圧を強めてしまい内臓の働きを低下させてしまうこともあります。また見た目の為に目いっぱいキツクしたりすれば、逆効果になります。人は強い刺激を受けないと効果が出ないと思いがちな部分もあります。一度自分でそのベルトが自分の体にとって必要なのかどうかを確かめることをお勧めします。

・ではどうしたら良いのか

自分で鏡に向って片方の腕の肘を伸ばして一直線にして、外側からゆっくり耳につくまであげていきましょう。次に骨盤を締めた状態で同じことをします。肩が同じように上がるなら問題ありませんが、肩が上がりずらくなるようなら体は必要としていませんのでやめましょう。

身体がゆがむには理由があり、今あるものは結果なのです。原因を無視して結果だけを変えようとしてもあまりうまくはいきません。まず骨盤がゆがんでいる原因から治していくことがダイエットや健康への近道みなっていくのです。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せください。

箕面市 骨盤矯正とストレッチ

骨盤矯正とストレッチ

骨盤のゆがみによる影響

骨盤がゆがむことで骨盤周辺の筋肉に緊張がおこり、関節が硬くなる。正常な状態ならば関節 が十分に動くことによってスムーズに動けるものだが、関節に制限がある状態だとさらに筋肉が働かないと今までのように動けない。
そうして普段よりも無意識に身体を酷使しているためにコリや疲労、痛みとして体のあちこちに症状が表れるのである。

ストレッチを行う目的

ストレッチは誰でもどこでも手軽に行える応急処置だ。固まった筋肉は神経や血管を圧迫してしまうために体もなかなか症状の改善がしにくい状態にある。
また、慢性的なゆがみは筋肉だけではなく靭帯や他の組織の硬さを引き起こす。ここでストレッチをすることで筋肉のずっと縮まった状態に柔軟性をつける。そうすることで、本来の伸縮性を取り戻すだけでなく、血管や神経の圧迫を取り除き、固まってしまった関節の可動域を増加させる。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤矯正とダイエット

骨盤矯正とダイエット

・問診
あなたは自分の骨盤や身体がどのようにゆがんでいるかわかりますか?
「う~ん、鏡で見たら肩の高さが違うようにみえるかな?」「ジーパンを直してもらう時に足の長さがだいぶ違うって言われた」「自分ではゆがんでるようには見えない」など、
初診の検査の時に聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。では一緒に見ていきましょう。

・ゆがんだ骨盤
では、まず肩の高さと骨盤の高さの左右差を見ていきましょう。
どう見えますか?高さが違いますよね?では腰をかけた状態で骨盤と背骨の柔軟性を見ていきますね。
ゆがんで負荷がかかった状態だと骨盤や背骨の関節って硬くなってしまうんですけど・・・、これだとかなり硬いですね。
後ろに反ったときに腰とか痛くならないですか?ではちょっと腰を捻ってみましょうか、右です、左です、どっちの方が回しにくいですか?そうですね、こっちに比べたら捻れないですよね。
骨盤がゆがんでるとこういう風に筋肉に左右差が出てしまうのでしっかりと整えていくことが腰痛を改善するために必要なことなんです。では他の部分も検査していきましょう・・・。

・矯正後の骨盤
はい、これで骨盤の矯正になりました。え?お腹を触ってただけ?そうなんです、骨盤や背骨がなんでゆがんでるかっていう原因を治療していますのでそんなに強い力は必要じゃないんですよ。
では立ってみてください。
立った感じさっきと変りますか??そうですね、さっきよりピンとしていて身長が伸びたみたいですね。
では肩と骨盤の高さを見ていきましょう。どう見えますか?はい、だいたいそろってきましたね。
では腰かけてみてください。座った感じはどうですか?さっきよりも良い姿勢で座れていますね。
最初は猫背でしたもんね。骨盤と背骨の柔軟性を見ていきますね。どうですか?
最初はあんなに固かったのに今はこんなにグニャグニャに動きますね。腰を捻ってみてください。あ、さっきより回りますね。では他の部分も見ていきましょう・・・。

・ダイエット効果の比較
これが身体本来の能力なんです。でも生活の中で身体は負荷を受けてしまいますから、そういう負荷を取り除いていくことによって元気になっていくんです。

ダイエット効果ですか?もちろんありますよ!いま検査したみたいに、身体が動ける範囲が広がっていますし、筋肉もリラックスしている状態ですので血流もアップしています。
今までは身体の80%の能力しか出せなかった状態だとしたら今は85%の能力を使えるわけですよ。
この5%は代謝の能力でもありますから、栄養の循環が良いまま、無理なく痩せやすい身体になっていくんですよ!!

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤矯正とねこ背

骨盤矯正と猫背

猫背とは

猫背とは背骨の構造上の姿勢ではない状態である。背骨の構造は頚椎では前湾のカーブを描き、胸椎では後湾のカーブ、腰椎ではまた前湾のカーブをしている。人間が立っている時も座っている時もこの状態が維持されるのが良い姿勢とされる。しかし、猫背というのは背骨全体が丸まったような状態の事を言う。頚椎の前湾は減少し、垂直(ストレートネック)になり、胸椎は肋骨により大きな構造の変化はないものの後湾がさらに強まる。腰椎は後湾する。肩は内側にすぼめられて胸が張れない状態になってしまう。

猫背が引き起こす症状としては、腰痛、肩コリ、頭痛、集中力低下、イライラ、内臓障害による症状などがあげられる。

猫背と骨盤の関係

猫背と骨盤は大きな関係がある。猫背の状態では骨盤は腰椎の港湾に伴い、全体が後方へと回転する。普段の正常な状態だと座った時には坐骨に均等に体重が乗るのだが、この位置がずれるため重心の位置が後方へと移動し、腰椎に負担がかかってしまう。また立った状態でも上体が前方にあるために骨盤部で支えられず腰椎に負担がかかる。つまり猫背とは骨盤の重心を支えるという働きを低下させて腰椎に常に負荷をかけてしまうものなのだ。

猫背になっていても症状がひどくないからいいと思わずに、将来の健康を考えて早いうちに改善しておきましょう。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤矯正と背骨

背骨がゆがむと・・・

最近では骨盤や背骨のゆがみが悪い姿勢を招き、それによる疾患や病気、痛みなどの症状が発生することは良く知られている。ではなぜ背骨のゆがみがそこまで体に影響を及ぼすのか。

背骨は24個の骨が重なって一本の柱になっている。一個一個の骨の中心には穴が開いており、そこを脊髄神経が通っている。またその脊髄神経は骨と骨の間から出て身体の各部分を支配する末梢神経へと繋がっていく。それらの神経は筋肉や皮膚だけでなく、内臓などの臓器にもつながっている。

背骨がゆがんだ場合、これらの神経は筋肉や組織に押えられ圧迫される。例えば今までが正常で100%の伝達が出来ていたものが、80%まで抑えられてしまうとしよう。すると慢性的な疲労を感知しづらくなり、疲労が積み重なっていきます。そうしてもう積み重ねられなくなったところで症状として表れるのです。

これは筋肉などの表面的な部分だけではなく、内臓の機能にも同じ事が言えます。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤のゆがみと姿勢

骨盤の姿勢と矯正

良い姿勢と悪い姿勢

悪い姿勢と一言で言っても、たくさんのシチュエーションがある。
立っているときは、片足だけに体重を乗せるような立ち方、骨盤を前に突き出すような立ち方、体を片側に傾けた立ち方などは骨盤のゆがみにつながる。
また、座った姿勢も腰を後湾させた状態で肩が前に寄っている猫背の状態、顔が常に下を向いてしまっている状態、などが代表的なものだ。これらは身体のバランスが崩れているために起こることであり、バランスを崩した方が姿勢を維持しやすい為の無意識の対処法なのだ。

逆に良い姿勢とは、人間の骨格の構造上負荷のないものとされる。例えば、人間の骨格では重い頭を支えるために左右は均等に、背骨は首では前にカーブを描き、胸では後方にカーブし、腰ではまた前方にカーブする。立った時も座った時もこの構造と同じになっていることが望ましい。

ゆがんだ骨盤が与える影響

土台である骨盤がゆがんだ状態では構造上、正常とされる姿勢が取れなくなります。なぜならば骨盤がゆがんでしまう事によって背骨もゆがんでしまうからです。骨盤がゆがんでいるから姿勢が悪いのか、姿勢が悪いから骨盤がゆがんでいるのか難しいところですが、一つ言えることは、骨盤がゆがんだ状態では良い姿勢がつらいということです。本来はナチュラルな状態がつらいという事は間違いなく体には負荷がかかっていることになります。

良い姿勢は自分の健康に大きく影響するだけではなく、人に与える印象にも影響していきます。良い姿勢が取れるような身体づくりをしていきましょう。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤のゆがみと症状

骨盤のゆがみ

骨盤がゆがむことによって様々な症状が表れます。
腰痛、を始め頭痛、吐き気、めまい、顎関節症、頸の痛み、肩コリ、肩甲骨の内側の痛み、下痢、便秘、生理痛、生理不順、股関節痛、膝の痛み、外反母指、偏平足・・・など。骨盤は身体のバランスをとる大事な部分、この部位のゆがみは全身に影響を及ぼし、上記以外にも内臓の機能低下による症状を引き起こす場合もある。

マッサージですること

骨盤がゆがむことで骨盤に付着する筋肉はもちろん、その他骨盤には付着していない筋肉もバランスの崩れた体を維持するために緊張して硬くなる。刺激を伝達する神経や、酸素や栄養を運ぶ血管はこの筋肉の緊張によって圧迫を受けるために本来の働きができなくなる。それにより、体はますます悪い環境になってしまい、痛みや症状を出してしまういます。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 骨盤矯正:骨盤の構造

骨盤の構造

よく骨盤がゆがむというが、まず骨盤がどのような構造で成り立っているかをイメージしましょう。

骨盤は大きく3つに分かれます。仙骨と左右の寛骨です。仙骨と寛骨が関節している部分を仙腸関節といいます。また、仙骨は5つの仙椎からできており、寛骨は腸骨、恥骨、坐骨が組み合わさってできたものです。仙骨の先には尾骨が続いています。尾骨も5つの尾椎からできています。これらにはそれぞれ靭帯や筋肉によって臓器の収まる茶碗のような役割をしています。

また臓器の安定や保護だけでなく、圧力の負荷を分散させることで身体への負担を軽減させています。

骨盤がゆがむとどうなるか

骨盤がゆがむという事は、その働きが低下するという事につながります。
まず骨盤周辺の靭帯や筋肉がバランスを崩します。バランスが崩れたままでは身体の重心を保てないので筋肉を硬くして骨盤の動きを制限させます。そうすることで身体を安定させようとするのです。すると骨盤の中におさまっている臓器が自由に動くことが出来なくなるので、身体の機能が低下してきます。
それによって身体はもっと頑張って働かなくてはならないので負担がかかる一方になります。また尾骨には中枢神経から伸びている終糸が付着しているので尾骨のゆがみは、頭痛、めまい、吐き気など身体全体の障害となって表れます。

どのような矯正によって何が起こるか

骨盤がゆがんでいるから骨盤を矯正します、でも何で骨盤がゆがんでしまっているんでしょうか?その原因を治さなければ骨盤の根本療法にはなりません。
体はそのゆがみを治そうとしていますが力不足で一人では出来ないので、少しのサポートをしてあげるんです。
それだけで骨盤、体の治ろうとする力は上がってきます。骨盤のゆがみが整い始めると症状の改善だけではなく、新陳代謝もよくなるのでダイエットにも効果的です。

箕面市豊中市 骨盤矯正ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛と股関節

股関節の痛みや症状には坐骨神経痛が関与するものはあまりないと思います。
というのも坐骨神経は脚の後ろを走る神経なので、症状としては脚の後方から外側にかけて痛みが出ることが多いです。
股間節に痛みの出る原因としては膀胱、生殖器系、大腸や腎臓などの内蔵からくる問題と腰椎や骨盤の慢性的な固着から起る股関節の硬さがあげられます。どの場合でも体をゆがませている原因を整えていくことが必要になったうえで股関節を調整していくことが大事になっていきます。
股関節は構造上、骨盤、とくに腸骨のゆがみの影響を強く受けます。腸骨は腰椎5番の影響を強く受けます。

ですから股関節の痛みをとるためには股関節だけでなく、最低でも腰椎、腸骨、仙骨の調整をしなくてはなりません。

もともと、股関節は強固な靭帯に守られていますので股関節自体がおかしくなるケースはあまりありません。ほとんどが腰椎、骨盤の問題で股関節が痛んだ状態になっています。

先天性の股関節の問題の際も同様に骨盤、腰椎を調整することで症状の減少が認められます。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。

箕面市 腰痛とお尻

腰痛から坐骨神経痛の危険信号

・お尻

「腰からお尻にかけて痛い」というのは坐骨神経痛の一般的な症状です。
代表的なものとしては、長い時間座っていられない、お尻を伸ばした時に痛みが走る、朝起きた時が痛い、動き始めは痛いけど動いている分には問題ない、・・・などがあげられます。

原因としては、大きく見て2つあり、腰椎の問題で神経に痛みが出るものと、お尻にある梨状筋という筋肉が神経を圧迫していることが考えられます。
これらは骨盤や背骨のゆがみから正常なバランスを保てなくなって出る症状なので、ゆがみを整えていくことをしていかなければ根本的な治療にはなりません。

みゅう整骨院では大きなゆがみを矯正することにより筋肉の緊張を調整します。

腰椎が問題を起こして神経を圧迫している問題に関しては、小さなゆがみを個別に解決することで症状が緩和されます。

たいていの場合、両方の要素を持ち合わせていますので、段階的に大きなゆがみと小さなゆがみを調整するとスムーズにお尻から足にかけての痛みが良くなっていきます。

箕面市,豊中市 腰痛ならみゅう整骨院にお任せ下さい。


 1  2 



ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定特典!!


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典


電話・メールでのお問合せ

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「みゅう整骨院」へのお電話はこちら
 【 電話番号 】 072-722-7026
 【 営業時間 】 平日 10:00-14:00 16:00-20:00
土曜 10:00-18:00
 【 電話受付 】 平日 9:00-20:00
土曜 9:00-18:00
 【 定休日 】 日曜・祝日・第3火曜

PageTop




みゅう整骨院

住所 : 〒562-0004
大阪府箕面市牧落1-19-19

【電話番号】
072-722-7026

【営業時間】
平日 10:00-14:00
16:00-20:00
土曜 10:00-18:00

【電話受付】
平日 9:00-20:00
土曜 9:00-18:00

【定休日】
日曜・祝日・第3火曜



掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。